[サービスキャンペーン]マツダ、CX-60の複数の制御プログラム不良

この記事は約1分で読めます。
Ads by Google

マツダ、CX-60の複数の制御プログラム不良

マツダは、CX-60の複数の制御プログラムが不適切なためバッテリーが上がりや警告が表示されるおそれがあるとして、サービスキャンペーンを実施しています。

マツダ、CX-60の複数の制御プログラム不良

対象となるユーザーには、販売店から、ダイレクトメール等で案内がありますので、最寄りのディーラーと相談して、修理(無料)を受けましょう。対象車両については、「リコール情報検索」から車台番号を入力して確認できます。

CX-60のサービスキャンペーンについて

サービスキャンペーン開始日

令和05年04月7日

不具合の内容

  1. ドライバー・パーソナライゼーション・システム搭載車のボディ・コントロール・モジュールにおいて、制御プログラムが不適切なため、プッシュボタンスタートの操作を短時間に繰り返すと、電源ポジションをオフしても省電力モードに移行しないことがあります。そのため、電流が流れ続けることでバッテリーが上がるおそれがあります。
  2. エンジン制御コンピュータにおいて、制御プログラムが不適切なため、定常走行や緩加速時、また停車時に発生するエンジンの回転変動がトランスミッションに伝わり、がたつき音が発生するおそれがあります。
  3. <マイルドハイブリッド用バッテリーにおいて、制御プログラムが不適切なため、低外気温時にエンジンを始動した場合、回路内に流れるリーク電流が減少することにより冷媒回路異常と誤判定するものがあります。そのため、エンジン警告灯及びマスター警告灯が点灯し、メータに「ハイブリッドシステム異常」のメッセージが表示されるおそれがあります。

対象車両

マツダ、CX-60の複数の制御プログラム不良

改善の内容

  1. 全車両、ボディ・コントロール・モジュールの制御プログラムを対策プログラムに修正します。
  2. 全車両、エンジン制御コンピュータの制御プログラムを対策プログラムに修正します。
  3. 全車両、マイルドハイブリッド用バッテリーの制御プログラムを対策プログラムに修正します。

 
CX-60のサービスキャンペーンについて|リコール・サービスキャンペーン等情報

 
おっと、見逃していました(汗)。あいかわらず、制御プログラムのミスが多いですね。リコールやサービスキャンペーンの原因のほとんどが、このせいですもんね。

タイトルとURLをコピーしました