マツダCX-60が日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされる

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

マツダCX-60、日本カーオブザイヤーにノミネート

マツダCX-60が、2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。今年は、大量全48台でカー・オブ・ザ・イヤーを争います。

マツダCX-60、日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネート

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた全48車が発表になりました。ノミネート車は、2021年11月1日から2022年10月31日までに発表または発売された乗用車が対象となります。

マツダ渾身のラージ商品群第一弾であるCX-60が、電気自動車が多くノミネートされている今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでどうのような評価を受けるのか…楽しみ…というより心配です。たとえどんなに良い車であったとしても時流に乗っていない場合は、低評価でしょうから…。

2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー イベントスケジュール

今後の2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考スケジュールは、次の通りです。

日本カー・オブ・ザ・イヤーの賞典

日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、次の賞が与えられます。

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー
    最終選考(第二次選考)において最高得点を獲得したクルマ
  • インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
    第二次(最終)選考において最高得点を獲得した輸入車
    (日本カー・オブ・ザ・イヤーに日本国産車が選出された場合)
  • 10 BEST CAR
    第一次選考の結果選出された10車種
  • 部門賞
    • デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー (秀でた内外装デザインを持つクルマ)
    • テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー (革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマ)
    • パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー (感動的なドライブフィールを味わえるクルマ)
    • K CAR オブ・ザ・イヤー (総合的に優れた軽自動車)※軽自動車のみが対象

 
日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

 
イヤーカーは、電気自動車かe-POWER&e-4ORCEかなぁ。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    電動化が叫ばれる今日、色々と論議されているマツダ6気筒ディーゼルのCXー60でありますが、カーオブザイヤーは最有力ではないかと思うのですが、ガラッとイメージを変えたクラウン👑もあなどれないかなと感じます。

タイトルとURLをコピーしました