マツダCX-60は、BMW X3やボルボXC60よりもお薦め

CX-60

マツダCX-60は、BMW X3やボルボXC60よりもお薦め

イギリスメディアが、マツダCX-60とBMW X3とボルボXC60を比較した記事を掲載しています。お薦めはマツダCX-60だそうです。

マツダCX-60は、BMW X3やボルボXC60よりもお薦め

いつものようにいきなり結論です。

No matter which one you choose, all three of these SUVs are a great choice for anyone looking to upgrade to something posh, with less-than-premium running costs. The BMW will mostly appeal to driving enthusiasts and tech geeks, with its engaging handling and gizmo-filled interior. The Volvo is an astute pick for those after comfort, while the plug-in hybrid’s near-60-mile range will vastly reduce running costs for company car drivers.

However, it’s the Mazda that, on paper, is the most complete package. The CX-60 is almost as sharp to drive as the BMW, while its powertrains closely match the Volvo in terms of efficiency. The 39-mile electric range of the plug-in hybrid model may not be class-leading, but it should provide a welcome introduction to zero-emissions motoring for those not quite ready to make the switch to a fully-electric car. In reality, the only thing the Mazda doesn’t offer in comparison to the other two cars is a premium image – so badge snobs beware!

 
ちょっと長いですが、機械翻訳すると、CX-60は、X3とXC60の好いとこ取りをしたようなモデルで、お薦めのようですよ。

どれを選んでも、これら3つのSUVは、ランニングコストを抑えて、何か高級なものにアップグレードしたいと考える人にとって、素晴らしい選択肢となります。BMWは、魅力的なハンドリングとギミック満載のインテリアで、主に運転好きや技術オタクにアピールすることでしょう。プラグイン・ハイブリッドの航続距離は60マイルに近いので、社用車のドライバーにとってはランニング・コストを大幅に削減できます。

しかし、書類上ではマツダが最も完全なパッケージである。CX-60はBMWに匹敵するほどシャープな走りを見せ、パワートレインの効率はボルボに匹敵するほどです。プラグインハイブリッドモデルの航続距離39マイルは、クラストップレベルではないかもしれないが、完全な電気自動車に乗り換えるにはまだ早いという人にとって、ゼロ・エミッション・モーターへの導入として歓迎すべきものだろう。マツダが他の2車種と比較して唯一劣っているのは、プレミアムイメージである

 
BMW X3 vs Mazda CX-60 vs Volvo XC60 – which should you buy? | Carbuyer

 
イギリスメディア=carbuyerでは、CX-60を試乗した上でこのような話をしているのですが…デリバリー前の記事なので「提灯」ではないとは言えないです…。疑いだしたらきりがないですけど(汗)。

この記事に最後の一文が、ラージ商品群のこれから大きな課題ですね。プレミアムとマスマーケットの間を埋める存在になっても良いのですが…。

CX-60CX-60,マツダ

Posted by 管理者