マツダ、CX-60にパイオニア製パワーアンプユニットを採用

マツダ、CX-60にパイオニア製パワーアンプユニットを採用

マツダは、パイオニア製パワーアンプユニットを「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に採用しています。

マツダ、CX-60にパイオニア製パワーアンプユニットを採用

パイオニアのパワーアンプユニットが、マツダ株式会社(以下「マツダ」)が2022年9月に発売する「MAZDA CX-60」のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に、標準装着として採用されました。

マツダの音響エキスパートと一緒に6年もの歳月をかけて開発してきた当パワーアンプユニットは、ハイエンドオーディオの技術思想を盛り込み、高精度発振器やフルカスタム音響部品を使用した電源回路を採用して低ノイズ化を図るとともに、音質のポテンシャルを最大限に引き出す細かな音質チューニングを行っています。

当社が長年培ってきた音響解析技術を活かして開発した「MSR NR(Master Sound Revive Noise Reduction)」を純正オーディオシステムとして初めて搭載。CDなどデジタル音源に含まれる量子化ノイズを除去することで音源の高音質化を図り、アーティストの息づかい、雰囲気・空気感、音の厚みを再現し、原音に近い音質を実現しています。また、高効率のパワーアンプICを搭載することで、高出力ながら消費電力を低減しています。
さらに、高剛性、放熱性や耐ノイズ性を併せ持つ高効率構造により、小型軽量化と省電力化を実現しています。

パイオニア製パワーアンプユニットが、「MAZDA CX-60」のオーディオシステムに採用 | 報道資料 | ニュース・イベント | 企業情報 | Pioneer


冒頭の説明CGにある、シート下の四角い物体がおそらくアンプだと思います。BP系Mazda3以降、オーディオをさらに力を込めてしっかりと作り込んでいるようなのですが、ホームページでの説明は文字だけです。どうして?

webCGのチャンネルでCX-60のオーディオについて説明している動画を公開しています。オーディオの説明から始まるようにしてあります。ちょっと聞き取りにくいです…。

気になるヒミツが明らかに! マツダCX-60説明会

マツダは、ラージ商品群第一弾となる新型CX-60の予約を6月24日から始めると発表。グレード、価格、スペックなどが明らかなりました。