マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!2022年9月発売予定

CX-60

マツダは、ラージ商品群第一弾となる新型CX-60の予約を6月24日から始めると発表。グレード、価格、スペックなどが明らかなりました。

マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」の予約受注を全国のマツダ販売店を通じて6月24日より開始いたします。販売開始は2022年9月*1を予定しています。

MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-60」の予約受注を開始|ニュースリリース

*1 2022年9月の販売開始はe-SKYACTIV D搭載モデルです。その他モデルの販売開始は2022年12月を予定しています。

CX-60の商品概要

運転する愉しさ

力強さと高い環境性能を兼ね備え、気持ちよいエンジンサウンドを奏でる直列6気筒エンジンとPHEV、ダイレクト感と伝達効率に優れるトルコンレス8AT、走りの質と環境性能を同時に高める電動化技術。これらを安定した車両姿勢によって積極的に加速が愉しめる車体構造「縦置型SKYACTIVマルチソリューションスケーラブルアーキテクチャー」と組み合わせました。加えてドライバーの走りの期待にシンクロする加速のリズムとエンジンサウンドをつくり込み、心昂る疾走感を実現しました。また車両挙動は運転する愉しさと同乗者が車酔いしにくい快適性を両立させ、乗員全員でドライブを愉しめます。

4種類のパワートレインを設定

キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)を採用

日常域でスムーズに動くサスペンション構造を活かしながら、ハイスピードのコーナリングにおいてもより一体感があり、より安定した旋回姿勢を実現。

後輪駆動ベースのi-ACTIV AWDを新開発

高いトラクション性能と理想的なハンドリング特性を実現。減速時には回生協調ブレーキと連携し、前後の回生配分を最適化することで、効率的で安定した制動姿勢を実現。

マツダインテリジェントドライブセレクト (Mi-Drive)

新たにEVモードとトーイングモードを追加*3。オフロードを含めたさまざまな走行シーンに最適化した「人馬一体の走り」を提供。

「ヒルディセントコントロール」をマツダ初採用

ドライバーがブレーキを踏み続ける必要がある急な下り坂において、ドライバーが任意に設定した車速を維持し、安全な降坂走行をサポート。

「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用

ドライバーの体格に合わせて理想的なドライビングポジションを自動調整する自動ドライビングポジションガイドなど、すべてのお客様にクルマとの一体感、安心・安全をご提供。

 

デザイン

デザインコンセプトは「Noble Toughness(ノーブルタフネス)」。SUVらしい堂々とした風格のある分厚いフロントフェイス、ロングノーズ&ショートデッキによる力強く動きのある骨格、シンプルで優雅な造形、これらによってタフさの中に品格が光る外観としました。室内はゆとりある贅沢な空間を実現した上で、特別感のある「プレミアムモダン」と「プレミアムスポーツ」を用意することによって個性豊かな世界観を拡張しました。

4つの世界観を展開

  • 堂々とした風格のあるフロントフェイスと、ロングノーズ・ショートデッキの力強く動きのある骨格。魂動デザインの真髄である、生命体が地面に踏ん張り、後ろ足で前に向かって跳躍するような生命感を表現。ボディサイドには骨格の動きに連動する大胆な光の魅せ方によりエレガントな面質を表現。
  • 幅広なインストルメントパネル、サイドルーバーからドアトリムへ連続する造形がワイドでリッチな空間を表現。前後を貫く大型コンソールは、FRらしい強力なトランスミッションとその先にある縦置エンジンの存在を感じさせ、構造的な強さを表現。
  • 第三の匠塗カラーで、禅の世界の「無」から着想した「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を初採用。

 

安心・安全

CX-60は、ドライバー・パーソナライゼーション・システム(DRIVERPERSONALIZATIONSYSTEM)により、ドライバーの目の位置を計測するなどして、誰でも、いつでも、最適なドライビングポジションを自動で設定・再現することができます。また荒れた路面でも上質なオーディオサウンドが楽しめる高い静粛性を実現しました。さらに、ドライバー・モニタリングと連動してドライバーの異常を検知すると、音と表示による警告でドライバーに運転復帰を促し、運転の継続ができないと判断した場合に減速・停止するドライバー異常時対応システムDEAを導入しています。

先進安全技術

ドライバーの異常を検知し、事故の回避・被害低減を図る、高度運転支援技術の1つとして「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用するとともに、交差点右左折時の事故回避をアシストする機能など、マツダ初採用の先進安全技術(i-ACTIVSENSE)を複数搭載。既存の先進安全技術についても改良を加え、走る歓びを実現する確かな安全を提供。

視認性

狭い場所でも周囲の状況を確認できるよう、360°ビュー・モニターに加え、シースルービューを採用。
TFT画面は12.3インチのフル液晶メーター、センターディスプレイも12.3インチを採用。アクティブ・ドライビング・ディスプレイは大幅に視認性や瞬読性を向上。

 

室内空間

「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」を進化させ、より上質なサウンドを再現。開放的な視界と明るさを実現する、幅950mm×長さ1021mmの大型パノラマサンルーフを採用。さらに、遮音(透過損失)と吸音技術の向上により不快な音はカットしながら、エンジンサウンドなど心地よい音はしっかり届くマツダらしい上質な静粛性も実現しています。

グレードと価格

2.5Lガソリンエンジンが3モデル、3.3Lディーゼルエンジンが4モデル、ディーゼルハイブリッドが4モデル、PHEVが5モデルの合計16モデルあり、価格は、2,992,000円から6,264,500円までとなっています。最安値だけをみると、CX-8の方が高額(2,994,200円)になっています。

PHEVにもスタンダードモデルがあり良心的だと感じますが、価格は539万円なので十分高額です。

ボディカラーは、「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を含む全7色を設定。室内色・シートパターンも7種類とバリエーションが豊富になっています。

 

Premium Modern

本杢や織物、伝統的な工法を用いた日本の美を感じさせるプレミアムモデル。

 

Premium Sports

タンカラーのレザーシートと内装でスポーティさと質感を極めたプレミアムモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

Exclusive Modern

白のナッパレザーシートとメッキ基調の外観を備えたモダンで洗練されたモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

Exclusive Sports

黒のナッパレザーシートをはじめ黒基調の内外装で引き締めたスポーティで洗練されたモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

Exclusive Mode

シートにナッパレザーやチタン調のアクセントを用いた6気筒/4気筒NAエンジンのハイエンドモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

L Package

本革シートや大径ホイールを装備した6気筒/4気筒NAエンジンのハイクラスモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

S Package

実用性と快適性を高め、パワフルかつ伸びやかな走りと優れた環境性能を両立させた、スタンダードモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

 

XD

実用性に磨きをかけた6気筒ディーゼルエンジンのエントリーモデル。
マツダ、新型CX-60の予約を6月24日から開始!

メディア

マツダは、ニュースリリースに合わせて関連動画を公開しています。CLUB MAZDAで先行して公開された動画も含まれます。








紹介記事

 

https://super.asurada.com/cars/mazda/cx-60/2022/74365/

CX-60CX-60,マツダ

Posted by 管理者