マツダ、ドライビングエンターテイメントSUV「CX-60」を国内発表

マツダは、ラージ商品群第一弾「CX-60」を国内向けに発表しました。発売は、今秋を予定しています。

マツダ、ドライビングエンターテイメントSUV「CX-60」を国内発表

新型クロスオーバーSUV「CX-60」を今秋発売

マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-60」を今秋発売
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代ラージ商品群の第一弾である新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60(マツダ シーエックス シックスティー)」の日本仕様を本日公開しました。日本での販売開始は今年初秋を予定しています。

新世代ラージ商品群第一弾のCX-60は、時代の要求に応える環境・安全性能を備えながら、日常の一般道走行から高速道路を使った長距離ドライブまで、余裕をもって運転を愉しめる「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとした、2列シートミッドサイズSUVです。また、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のさらなる進化に挑戦し、自然と調和する日本人の感性を活かしたタフさと緻密さを、その骨格や空間構成から表現しています。

MAZDA NEWSROOM新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開|ニュースリリース

MAZDA CO-PILOT CONCEPT搭載

ニュースリリースでは、直接的にMAZDA CO-PILOT CONCEPTとは書かれてはいなくて、DEAとして紹介されています。

さらに、ドライバーの発作・急病などの異常を検知し、事故の回避・事故の被害軽減を支援する、「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を初採用。加えて、より安心・安全な運転の実現を目指して、お客さまに合わせたドライビングポジションの調整支援を行う「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を採用した機種を設定し、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき、運転するドライバーだけではなく、同乗するパートナーやご家族にも安心・安全をお届けすることを目指しました。

CX-60についてのよくあるお問合せFAQ

よくあるお問合せFAQが更新されて、以下の項目が追加になっていました。
Q:CX-60の名前の由来は?
A:「CX」はマツダのクロスオーバーSUV車のラインナップを表します。

世界的に需要が高まっているクロスオーバーSUVにおいて、
よりお客さまの選択肢を増やしていくために、様々な検討の結果、CX-60に決定しました。

Q:CX-60にM/T(マニュアルトランスミッション)の設定はありますか?
A:8速AT(オートマチックトランスミッション)のみです。

Q:CX-60の主要諸元を教えてください。
A:以下、主要諸元になります。

  • 全長:4,740mm
  • 全幅:1,890mm
  • 全高:1,685mm
  • ホイールベース: 2,870mm
  • トレッド(前/後)1,640mm / 1,645mm

Q:CX-60のパワートレインラインアップは?
A:以下、4つのラインアップです。

  • SKYACTIV – G 2.5
  • SKYACTIV – G 2.5(PHEV)
  • SKYACTIV – D 3.3
  • SKYACTIV – D 3.3+ マイルドハイブリッド

ギャラリー

インテリア(プレミアム モダン、プレミアム スポーツ)


骨格・パワートレイン
Introducing the MAZDA CX-60(日本語版)

その他

今回のニュースリリースでは、詳しいことは発表されませんでしたので、仕様が異なる場合がありますが、今のところは、欧州仕様を参考にするのがいいみたいです。

今後のマツダの命運を握っていると言っても過言ではないラージ商品群の第一弾である新型CX-60が、ヨーロッパで発表になりました!


新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-60」の日本仕様を初公開!今年初秋に発売予定 | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog

フォローしませんか?

 

コメント

  1. jomon より:

    やっと SKY-D GEN2 が公開されましたね。
    先月燃費改定されたMAZDA3のディーゼルもGEN2ではないかと思っています。

    D GEN2で8%程度、48V MHVで10%程度の燃費改善ですかね、、