マツダラージ商品群第一弾CX-60の予想CGが公開されています(4)

リークしたテスト車両を元にした、マツダラージ商品群第一弾CX-60の予想CGをが公開されています。リア周りのデザインの予想CGは初めてですね。

マツダラージ商品群第一弾CX-60の予想CG(4)

While we already have an idea of what it looks like based on the alleged undisguised sighting from last year, our buddies from Kolesa tried to undress the camouflaged prototype to imagine what the CX-60 might look like.

Mazda CX-60 Unofficially Rendered Based On Recent Sightings

ボディ側面の面の処理が実車と異なっているように見えるのですが…。その点は、イタリア発の予想CGが近いように思います。

CX-60が正式発表される3月8日(日本時間は3月9日?)まで、あと17日です。

マツダラージ商品群第一弾CX-60の予想CGをイタリアのメディアがスパイショットを元に作成したようです。これを見ると格好良いです...。

コメント

  1. eg より:

    このデザインに500万、600万はみな払いたくないので
    おおこけする予感。高級感や風格ないしCX50に比べインパクトや迫力もない。CX5がフルモデルチェンジしたら、こんな感じになるだろうくらいにデザイン代わり映えしない。

    マツダ6に期待。格好よくしてくれたら買います。

  2. ヒーユンジ より:

    マツダは、救世主が現れたかと思ったら、たまにハズレくじを引いた様なモデルも出てくるといった、少しチグハグしたところがある、つかみどころの無いメーカーでもあります。CXー50の様な目新しいモデルを出したかと思ったら、CXー60の様な首をかしげたくなるモデルを出そうとしてる、私もどちらかと言うと、あまり思いたく無いのですが、こけてしまう気がしてなりません!せめてMXー30の様な方向に持っていく事は出来なかったのか?出る前にこんな風に言って申し訳ありません。

  3. GJ乗り より:

    まあデザインは好みですからね。買う買わないも同様に個人の自由かと。
    もっともCX-50は北米専用でありアクティブに振り切ったデザインであり、対してCX-60のそもそもの立ち位置はCX-5の後継なのでデザイン的な連続性があっても特におかしいとは思いませんね。
    MX-30も賛否はありましたし、それがあってか本流ではないと明言されてますし。
    個人的にはスモール群の水平基調のデザインとは一線を画した垂直基調と思われるデザインとVISION COUPEの要素を取り入れたシグネチャーウィングのLEDライト等は挑戦であり攻めであると思っています。
    第6世代SUVより水平に近付いたボンネットによりさらに切り立ったフロントマスク等マッシブでグラマラスなボディには、既存の細くスポーティなヘッドライトデザインより精悍でありつつジェントルなデザインが好ましいと考えたのかもしれません。
    Cセグメントを中心とするスモール群はやはり若者向けで、Dセグメント以上を担うラージ群はパフォーマンスを備えつつもより落ち着いた風格を目指す、そう解釈しています。