マツダCX-50とマツダCX-30の室内寸法比較

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

北米マツダの2024年3月のセールスレポートでCX-50とCX-30の売上が気になったので、室内寸法の比較をしてみました。

マツダCX-50とマツダCX-30の室内寸法比較

先の記事でも触れましたが、カナダメディアのCX-50とCX-30の比較記事のこともあり、今一度両車の室内寸法を比較してみます。どちらもスモール商品群のプラットフォームを使っているので大きな差はないはずです。

マツダCX-50対マツダCX-30 - カナダメディアの比較記事
カナダメディアが、マツダのコンパクトなクロスオーバーSUV「CX-30」と「CX-50」の比較記事を掲載しています。

こちらが室内寸法を比較した表です。相対的な比較をしたいのでインチなどアメリカの単位のままです。

マツダCX-50とCX-30の室内寸法比較
    CX-50 CX-30
内部寸法(inch) 頭スペース(前/後) 39.1 / 38.6 38.1 / 38.3
腰スペース(前/後) 53.6 / 52.1 54.6 / 53.2
肩スペース(前/後) 55.9 / 53.6 55.6 / 53.6
足スペース(前/後) 41.7 / 39.8 41.7 / 36.3
室内容積(cu. ft.)  100.3 94.1
荷室容量(cu. ft.)  31.4 / 56.3 20.2 / 45.2
ホイールベース 110.8 104.4

前席については、ほぼ同等です。ホイールベースの差が後席のレッグスペースの差に繋がっているようなCX-30の足元の狭さになっているようです。

機能的には、ほぼ同等でCX-50が新しい分有利な面がある感じでしょうか。販売台数には生産能力の差も反映されていると思うので、車両の魅力以外の要因もあるとは思いますが、「アメリカ人の心を鷲掴みにするために設計された車両」の倍近くもCX-30が売れているのは面白いです。

CX-50にCX-30が売れている要因を追加すると、さらにアメリカ人好みに仕上がるかもしれません。

CX-50
Ads by Google
T's MEDIAをフォローする
Ads by Google

コメント

  1. SB より:

    こんにちは、いつも読ませてもらっています。
    北米でCX-30に乗ってますが、CX-50のサイズ感は実際見ると魅力的です。ハイブリッドが出たら買うかも。
    排気量がどっちも同じ2.5Lなので、加速感やドライビングダイナミクスでいうと重量が軽いCX-30が有利です。