北米マツダ、合弁工場(MTMUS)で生産するCX-50をメキシコに輸出開始

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

北米マツダ、合弁工場で生産するCX-50をメキシコに輸出開始

北米マツダは、合弁工場(Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.)で生産するCX-50をメキシコに輸出したと発表しています。

北米マツダ、合弁工場で生産するCX-50をメキシコに輸出開始

Mazda North American Operations (MNAO), announced it has begun to export its U.S.-assembled CX-50 crossover to Mexico. The CX-50 is assembled at Mazda Toyota Manufacturing (MTM) in Huntsville, AL.

北米マツダ(MNAO)は、米国で組み立てたクロスオーバー「CX-50」のメキシコへの輸出を開始したと発表した。CX-50は、米国アリゾナ州ハンツビルのマツダトヨタマニュファクチャリング(MTM)で組み立てられています。

北米マツダのリリースの大まかなところは、コロンビアへの輸出と同じですね。輸出規模が分からないのが難点です。

マツダは、メキシコですでに18年間の販売実績があるんですね。マツダメキシコでは、Mazda2(セダンとハッチバック)、Mazda3(セダンとハッチバック)、CX-3、CX-30、CX-5、CX-50、CX-9、MX-5(ソフトトップとRF)を扱うことになります。小さい物から大きい物まで取り揃えていますね。Mazda6はありませんが…。

これで、合弁工場で生産するCX-50を販売する国は、アメリカ、カナダ、コロンビア、メキシコの4か国になりました。

 
Mazda Begins Exports of U.S.-Assembled CX-50 to Mexico – Mar 16, 2023 | Mazda USA News

 

北米マツダ、合弁工場(MTMUS)で生産するCX-50をコロンビアに輸出
北米マツダは、合弁工場(Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.)で生産するCX-50をコロンビアに輸出すると発表しています。
タイトルとURLをコピーしました