マツダ、CX-30の安全性と快適性を充実させ、特別仕様車を追加

この記事は約3分で読めます。
Ads by Google

マツダ、CX-30の安全性と快適性を充実させ、特別仕様車を追加

マツダは、CX-30に安全性と利便性・快適性を向上させる商品改良を実施、合わせて特別仕様車を追加して10月下旬に発売する予定です。

マツダ、CX-30の安全性と快適性を充実させ、特別仕様車を追加

この最新モデルでは、安全性、利便性、快適性が向上し、魅力的な外装色が追加されました。さらに、特別仕様車「Retro Sports Edition(レトロスポーツエディション)」が登場し、走りの楽しさに磨きをかけています。

安全性の向上

マツダは「MAZDA PROACTIVE SAFETY」の理念に基づき、新たな安全機能を導入しました。AT誤発進抑制制御やドライバー・モニタリングにより、運転時の安心感が高まりました。お客様の安全を第一に考えた設計となっています。

  • AT誤発進抑制制御[前進時/後退時]の進化
    > 従来の「車・壁などの障害物」に加えて、「歩行者(前方)」も検知対象となりました。
  • ドライバー・モニタリングの進化
    > 「わき見警報機能」を新たに追加。運転者のわき見を検知すると、画面表示と警報音を用いて運転者に注意を促します。

利便性と快適性の向上

新しいCX-30は、より使いやすく快適な車に進化しました。大型の「10.25インチセンターディスプレイ」を新たに採用し、ワイヤレス充電(Qi)、ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)、USB-Type C端子(照明付)など、便利な機能が追加されました。これにより、モバイル機器との連携がスムーズに行え、快適なカーライフが実現します。

  • 10.25インチセンターディスプレイを採用
    > 従来の8.8インチから、大型化した10.25インチセンターディスプレイを新たに採用。
  • モバイル機器のワイヤレス接続機能、ワイヤレス充電の追加
    > Apple CarPlay/Android Auto接続機能(有線)に加えて、ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)を追加。
    > ワイヤレス充電(Qi)、USB-Type C端子(照明付)を追加。

コネクティッドサービスの拡充

「MAZDA CX-30」は、コネクティッドサービスの領域でも進化しました。新たに「見守りプラン」と「リモートエンジンスタート」の2つの有料プランが加わり、安心と快適さがさらに向上します。これにより、車の状態をリアルタイムでチェックし、遠隔からエンジンを始動させることが可能です。

  • コネクティッドサービスの提供機能拡充
    > 見守りプラン
    > リモートエンジンスタート

エンジン体系と価格改定

マツダは、ユーザーのニーズに合わせてエンジン体系やオプションを見直し*、選択しやすい機種体系を提供します。また、原材料価格や物流費の高騰に伴い、価格改定も実施しました。お客様により魅力的な価格で最新のモデルを提供できるようになりました。

  • 新たな外板色を追加
    「セラミックメタリック」と「ジルコンサンドメタリック」を新規設定

マツダ、CX-30の安全性と快適性を充実させ、特別仕様車を追加

マツダ、CX-30の安全性と快適性を充実させ、特別仕様車を追加

 

* e-SKYACTIV X搭載グレード、「20S Proactive」と「XD Proactive」の4WD、全MT車は廃止

特別仕様車「Retro Sports Edition(レトロスポーツエディション)」の設定

レトロモダンの世界観をテーマにスポーティーさを融合した特別仕様車「Retro Sports Edition(レトロスポーツエディション)」を設定しました。

 
MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-30」を商品改良|ニュースリリース

タイトルとURLをコピーしました