長安マツダ、CX-30 EVを2021年9月26日発売(更新)

長安マツダは、航続距離450kmとなるCX-30 EVを2021年9月26日発売するそうです。価格は日本円で約270万円からとのことです。

長安マツダ、CX-30 EVを2021年9月26日発売

長安マツダ、CX-30 EVを2021年9月26日発売
网上车市了解到,长安马自达CX-30 EV将于9月26日正式上市。作为品牌首款纯电动车型,CX-30(配置|询价) EV基于马自达全新世代车辆构造技术和电动化技术“e-SKYACTIV”开发,搭载三元锂电池组,NEDC工况下最大续航为450km。由于电池组的加入,其车身尺寸也得到小幅加长。售价方面,预计新车起售价在18万元左右,其竞争对手包括比亚迪宋PLUS EV、广汽埃安Aion V(配置|询价)等车型。

3天后上市!马自达纯电CX-30最新消息,续航450km/预计18万起售

中国メディアによると、CX-30 EVは2021年9月26日に発売されます。CATLが提供する3成分リチウム電池パックを搭載し、航続距離はNEDC条件下で最大450kmだそうです。モーターの最大出力は160kW(約218PS)、最大出力は160Nmです。別記事によると、バッテリー容量は61.1kWhです。

EV化により、ベースのCX-30からボディサイズは大きくなり、全長x全幅x全高=4,410(+15)×1,852(+55)×1,655(+110)mm、ホイールベースは2,672(+19)mmとなっています(括弧内はベースとの比較)。

車両価格は、約16万元(日本円で約270万円)。中国以外での販売の予定はありません。


日本国内で話題にしないのは、バッテリー容量にもよるのではないでしょうか。MX-30 EVでの話と整合が取れないですからね。中国ではCO2排出量がグローバルより四分の一近くになるのなら、このバッテリー容量でもOKですけど、そうでないのならダブルスタンダードとも受け取られかねないです。