マツダCX-30、2020〜2021日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤーに選出される

マツダCX-30、日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤーに

マツダCX-30が、「2020〜2021日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」に選ばれました。マツダとしてこの賞を受賞するのは2度目です。

マツダCX-30、2020〜2021日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー

マツダ株式会社(以下、マツダ)のクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」が「日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー」に選定されました。マツダ車が「日本自動車殿堂 カーデザインオブザイヤー」に選定されたのは、2007~2008年度のデミオ(3代目)に続いて、今回が2回目となります。

CX-30は、グローバルに成長を続けるSUV市場を見据えて、今後の基幹車種の一つとして2019年10月に発売された、クロスオーバーSUVです。このたびの選定にあたり、「アートの領域に迫るデザインコーディネート」、「走りを主張させるエクステリアデザイン」、「安心して楽しめるインテリアデザイン」が評価されました。

MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-30」が「2020~2021日本自動車殿堂 カーデザインオブザイヤー」に選定|ニュースリリース

受賞にあたり、評価ポイントが明確にされているのはいいですね。でも、この3点だとマツダ車はどれも当てはまってしまうような…すると、毎年カーデザインオブザイヤーを獲得しちゃう?(笑)

CX-30は、「World Car of the Year TOP3」に選出された実力の持ち主なので、受賞は当然の流れだったのかもしれません、が…。


日本自動車殿堂 JAHFA