[リコール]北米マツダ、2020 CX-30の燃料漏れと火災の危険性(更新)

北米マツダ、CX-30の燃料漏れと火災の危険性でリコール

北米マツダは、2020 CX-30の燃料タンク製造ミスにより燃料漏れと火災の危険性があるとしてリコールを実施します。

NHTSAの記事を中心に書き直しました。

Disconnected Vent Hose May Cause Fuel Leak

A fuel leak in the presence of an ignition source may increase the risk of a fire. Additionally, the engine may stall while driving, increasing the risk of a crash.

NHTSA Campaign Number: 20V347000
Manufacturer Mazda North American Operations
Components FUEL SYSTEM, GASOLINE
Potential Number of Units Affected 12,097

Summary
Mazda North American Operations (Mazda) is recalling certain 2020 CX-30 vehicles equipped with all-wheel drive. The evaporative vent hose for the fuel tank may be disconnected, possibly allowing fuel to leak from the charcoal canister vent at the rear of the vehicle.

Remedy
Mazda will notify owners, and dealers will inspect the evaporative vent hose in the fuel tank. If the hose is disconnected, it will be reconnected and the charcoal canister with some related parts will be replaced. Repairs will be performed free of charge. This recall is expected to begin August 11, 2020. Owners may contact Mazda customer service at 1-800-222-5500, Option 4. Mazda’s number for this recall is 4520F.

Check for Recalls: Vehicle, Car Seat, Tire, Equipment | NHTSA

対象車両

  • CX-30 bulit at MMVO:3MV DM*** LM 104188-137005:November 13,2019 through March 24,2020


概要
2020 CX-30の燃料タンクの蒸発ベントホースが製造ミスのため接続されていない可能性があり、ガスタンクに燃料を入れると、燃料は最終的にはチャコールキャニスターを満たし、リークして、火災になる危険性があるとのことです。

対象車は、2020 CX-30 AWD(アメリカ:12,097台、カナダ:約2,400台)です、


Mazda CX-30 Recalled For Risk of Fuel Leaks and Fires | CarComplaints.com


メキシコ工場で作っているCX-30の(初期)品質は、ブレーキや燃料タンクと致命傷になりかねない不具合をだしているなんてダメダメですね。

北米マツダは、2020 Mazda3と2020 CX-30のフロントブレーキキャリパーが緩んで落下する可能性があるとして28,000台をリコールしています。
 

フォローしませんか?