マツダ、CX-30 SKYACTIV-X搭載車発売。受注割合は2%

マツダ、CX-30 SKYACTIV-X搭載車発売。受注割合は2%

マツダは、新世代クロスオーバーSUV「CX-30」のSKYACTIV-X搭載車発売を2020年1月16日から発売しました。

マツダCX-30 SKYACTIV-X搭載車発売

マツダ株式会社は、同社独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」によって、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて実用化した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)」を搭載するクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を、全国のマツダ販売店を通じて本日より発売します。

【MAZDA】MAZDA CX-30の「SKYACTIV-X」搭載車を発売|ニュースリリース

マツダCX−30 SKYACTIV-X搭載車の仕様

どんな車かという「車なり」は知れ渡っているので、SKYACTIV-Xに絡んだ数字をまとめておきます。燃費は、Mazda3よりもわずかに悪いですね。

エンジンスペック
国内向けSKYACTIV-Xの仕様
HF-VPH
種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
排気量(L)1.997
ボア・ストローク(mm)83.5×91.2
最高出力(kW〈PS〉/rpm)132〈180〉/6,000
最大トルク(N・m〈kgf・m〉/rpm)224〈22.8〉/3,000
圧縮比15.0
モーター最高出力(kW〈PS〉/rpm)4.8〈6.5〉/1,000
モータートルク(N・m〈kgf・m〉/rpm)61〈6.2〉/100
動力用主電池リチウムイオン電池24V
WLTCモード燃費
マツダCX-30のWLTCモード燃費
エンジン駆動T/MWLTCモード燃費
平均市街地モード
(WLTC-L)
郊外モード
(WLTC-M)
高速道路モード
(WLTC-H)
SKY-X 2.0FWD6MT17.014.017.118.7
6AT16.813.717.218.3
AWD6MT16.413.416.518.1
6AT15.812.816.117.4

SKYACTIV-X搭載車の受注割合は4%以下

中国新聞の記事によると、国内でのSKYACTIV-X搭載車の受注割合は、Mazda3が4%でCX-30が2%とのこと。欧州ではそれぞれ、60%、45%なので諸般の事情があるにせよ、ずいぶん差が開いています。

国内は受注の約2%で販売で見込む約10%と開きがある。
(中略)
国内のX搭載車は12月に発売したマツダ3に続き2車種目。マツダ3の搭載車の受注比率は約4%となっている。

マツダが「X」搭載のCX―30発売 | 中国新聞デジタル

CX-30は「X」グレードの受注割合を10%と見込んでいるので、この差を埋める施策をいくつも繰り出してくるはずです。一日貸し出しなんていうのもあるそうです。なんにせよ、乗らないと分からないので、ディーラー以外で乗れる機会を増やすと良いと思います。

九州マツダのウェブチラシにマツダCX-30のSKYACTIV-X搭載車発売は2020年1月16日と書かれています。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    日本でのSKY-Xでの、mazdaブランド作りが壊滅ですね。

    宣伝費だと思って、手頃な価格で販売すべきでしたね。
    ハイオク推奨も最悪の判断でしたね。

    ヒゲ親父の強権が災いしているのなら、先々が思いやられます。