KBBによるアメリカでの2020 Mazda CX-30とライバル比較

KBBによるアメリカでの2020 Mazda CX-30とライバル比較

Kelley Blue Bookが、マツダCX-30とライバルとなるスバルCrosstrekとレクサスUXを比較しています。

2020 Mazda CX-30と2020 スバルCrosstrekのライバル比較

2020 Mazda CX-30

まず、マツダCX-30の評価です。

CX-30はスタイリッシュで価値の高い車両で、標準装備の幅広い安全性と技術的特徴を備えています。美しく細工されたインテリアは、車両のサイズが示すよりも開放感がありますが、背の高い乗客は2列目に窮屈に感じるかもしれません。

このマツダはほぼ間違いなく、今日の市場で最高のドライビングサブコンパクトSUVであり、優れた乗り心地、ハンドリング、快適さを備えています

燃費はFWDモデルで組み合わされた28mpgであり、AWDの追加には1,400ドルの追加費用がかかりますが、すべてのトリムレベルで利用できます。

  • 平均以上:操縦と走行のダイナミクス。標準の適応走行制御、車線逸脱警告、車線維持支援。クラスで最も強力なエンジン。プレミアムインテリア
  • 平均以下:ブラインドスポットモニターとApple CarPlay / Android Auto接続は標準ではありません。小さな後部座席、まあまあ後部の可視性
  • コンセンサス:優れた運転ダイナミクス、美しいスタイリングの内側と外側、幅広い標準的な安全性と技術をすべて低価格で提供するマツダCX-30は、価格に敏感なサブコンパクトSUVセグメントのバリューバイです。

マツダCX-30もこれまでのマツダ車の「スタイリング」「インテリア」「ドライビング」が優れているという点をしっかり引き継いでいます。それに「クラスで最も強力なエンジン」が加わりました。

スバルCrosstrek

次に、スバルCrosstrekの評価です。

スバル信頼性と安全性で知られています。Crosstrekの機能リストにはそれらの優先順位が反映されています。Crosstrekには、ドライバーアシストのEyeSightスイートなどの機能が標準装備されています。

CVTトランスミッションを選択する限り、価格は23,155ドルよりも1,350ドル高くなります。自動変速機を選択する別の利点は、6速マニュアルで25mpgからCVTで30mpgに燃費が急上昇することです。プラグインハイブリッドを選択すると、17マイルの全電気範囲しか得られませんが、そのモデルでの全体的な燃費は35mpgです。

標準の2.0リットルエンジンはそれほど強力ではないかもしれませんが、スバルの小型SUVは快適で快適で、毎日のドライブやオフロードアドベンチャーに最適です。

  • 平均以上:標準の全輪駆動; 優れた走行位置と視認性。優れた燃費。オフロード機能。標準のApple CarPlay / Android Auto
  • 平均以下:マリー色のインテリア。動力不足のエンジン。プラグインハイブリッドモデルの低電気範囲
  • コンセンサス:スバルの最小SUVは、多くの機能を競争力のある価格で搭載しています。

スバルの安全性と信頼性の高さはすっかり浸透しています。AWDのもつ走行性の高さも高い評価を得ています。

類似点

同様の寸法、両方とも安全性と信頼性、標準の高度な安全機能、同様の内部空間と貨物エリアで知られています。

マツダCX-30の利点

優れた乗り心地とハンドリング、強力なエンジン、高級インテリア、多目的なインフォテインメントが標準装備

スバルCrosstrekの利点

標準のApple CarPlay / Android Auto接続、標準の全輪駆動、印象的な地上高

結論

高級感のあるインテリアと印象的な標準装備を備えた、曲線を描く、ドライブが楽しい小型車をお探しなら、マツダCX-30が最適です。しかし、あなたの考えが汚れと屋外の冒険に変わるなら、その標準的な全輪駆動を備えたスバルCrosstrekがあなたの買い物リストに載っていなければなりません。スバルCrosstrekはハイブリッドも提供しており、再販実績が確立されています。


2020 Mazda CX-30 vs. 2020 Subaru Crosstrek Comparison | Kelley Blue Book

2020 Mazda CX-30と2020 レクサスUXのライバル比較

2020 レクサスUX

最後にレクサスUXのの評価です。

同社の最小のSUVであり、低燃費で、快適で、快適な毎日の運転手として喜んで機能するエントリーレベルの高級モデルです。

燃費は、ハイブリッドでは都市で43mpg、標準のガスエンジンでは最大37mpgです。革新的なステアリングシステムとUXの小さいサイズにより、狭い都市空間での操作が簡単になります。加速とハンドリングは、UXの強みではありません。

四輪駆動が必要な場合、唯一の選択肢はハイブリッドを取得することですが、そのパワートレインは、UXラインナップの中で最もパワーと最高の燃費を備えているため、簡単に推奨できます。

  • 平均以上:レクサスの品質と再販価値。優れたハイブリッドオプション。標準の高度な安全機能。優れた回転半径
  • 平均以下:小さなインテリアと貨物エリア。AWDはハイブリッドでのみ使用可能です。不器用なインフォテインメントコントロール
  • コンセンサス:非常に小さなスケールでの優れた燃費とレクサスの品質。

類似点

同様の寸法、両社は安全性と信頼性、標準の高度な安全機能、高級インテリアで知られています。

マツダCX-30の利点

優れた乗り心地とハンドリング、はるかに低い開始価格、強力なエンジン

レクサスUXの利点

レクサスの信頼性、品質、および再販価値、燃費、優れたハイブリッドオプション

結論

マツダCX-30を使用すると、高級なインテリアと印象的な標準装備を備えた楽しいドライブのサブコンパクトSUVを、レクサスUXの価格よりも大幅に低い価格で入手できます。UXは、レクサスの品質と信頼性に加えてハイブリッドオプションを提供しますが、CX-30と同様の標準装備を提供する小型の車両に搭載されています。UX 250hハイブリッドに35,000ドル以上を費やしたくない場合は、マツダCX-30をご覧ください。あなたはお金のためにたくさんを得るでしょう。


2020 Mazda CX-30 vs. 2020 Lexus UX Comparison | Kelley Blue Book


雑感:Kelley Blue Bookでは、マツダの評価は高いので少し割り引いて読んでも良いかもしれません。

マツダCX-30は、エントリーレベルの価格が低めで歓迎されていますが、蓋を開けると、標準装備が少ないようで突っ込まれています。それでも、マツダCX-30に対する価格帯が同程度でも上でも渡り合えそうです。後席の評価はいまいちですが、Mazda3ではパットしなかったSKY-G 2.5もクロスオーバーSUVとなると「強力なエンジン」になるんですね。

アメリカ市場にデビューしたマツダCX-30のレビューをいくつかまとめてみました、概ね好意的です。