マツダCX-30のアメリカメディアのレビューをいくつか

マツダCX-30のアメリカメディアのレビューをいくつか

アメリカ市場にデビューしたマツダCX-30のレビューをいくつかまとめてみました、概ね好意的です。

マツダCX-30はアメリカでも好意的に受け入れられている

  • AppleCarPlayとAndroid Autoは、ロータリーコントローラーでは直感的ではない
  • 4時間の座席時間の後、非常に支持的で快適であると喜んでいる
  • 少なくともCX-30は手頃な価格
  • CX-30は非常に競争力のある価格で、パワー、ドライバビリティ、ユーティリティの驚くべき組み合わせのように見える

2020 Mazda CX-30 First Drive Review | Specs, driving impressions, photos | Autoblog

  • CX-3は、米国の都市部の多くのバイヤーにとっても小さすぎます(マツダ関係者は、ヨーロッパの好みに合わせて設計されていることを認めています)。
  • 質の高いインテリアの感触を高めることは、小さなSUVでキャビンが非常に静かで、道路や風の騒音がほとんどないという事実です。
  • 素材の品質は後部座席でも維持されます。大人向けの余裕もありますが、足元は狭いです。
  • 後部座席には独自の通気口がありますが、デバイスは充電されません。
  • タッチスクリーンなしでApple CarPlayまたはAndroid Autoを操作することは、多くの人にとって特に不自然に感じます。
  • 全体的に、新しいCX-30は見栄えの良いサブコンパクトSUVであり、運転するのが楽しく、大規模でありながら都市に優しいサイズのほとんどのライバルよりも高級です。

2020 Mazda CX-30 Review: Stylish Small SUV Right-Sized for U.S. | News | Cars.comm

  • 米国向けサイズ
  • 2020年のマツダCX-30は、ライバルの間で運転するのが最も楽しい見た目の良いサイズの小さなクロスオーバーです。
  • CX-30は、他のフォローアップヒットのフォローアップヒットであり、見栄えの良いマツダの長いラインの最新モデルです。
  • 2020年のマツダCX-30は、2倍の価格の車よりも運転するのが楽しいです。
  • より多くのスペース、より快適、より静かな:2020 CX-30は、CX-3のいくつかの誤りを権利化します。
  • Apple CarPlayとAndroid Autoはベースカーでは使用できません。
  • タッチスクリーンを提供しないと、意図よりも多くの人が気を散らすことになります。

2020 Mazda CX-30 Review, Ratings, Specs, Prices, and Photos – The Car Connection

CX-30で私たちが気に入っているのは、マツダがデザインのためにデザインを避けるという意識的な決定を下したことです。彼らは、再発明する必要のないものを再発明するのではなく、試行された真のソリューションを選択しました。だからこそ、本物のシフター、ゲージのように見えるゲージ、触れるのが楽しくて使いやすいスイッチギアがあります。運転の邪魔をする迷惑なミスヘゴスでいっぱいのセグメントについては、私たちはここで不平を言うことはほとんどありませんでした。セグメントにとって大きな勝利だと考えてください。

2020 Mazda CX-30 Is the Lifted Mazda 3 of Your Dreams

そして、もっと欲しいのなら、CX-9のターボチャージャー付き2.5LエンジンがCX-30のエンジンベイにぴったり合うと言われました。言ってるだけ。

しかし、CX-30は良すぎますか?それはCX-3をどこに残すのですか?CX-3は楽しいと思われますが、小さすぎて高価すぎますか?マツダは、CX-3はCX-30とともにグローバルなラインナップに留まると主張しています。しかし、米国では小型車が市場シェアを失い、CX-30はCX-3が提供できないすべてを提供しているため、製造中止になるのは時間の問題かもしれません。ディーラーになり、このサブコンパクトクロスオーバーナンセンス全体に対するあなたの意見を変えるかもしれません。それは確かに私のものを変えました。

2020 Mazda CX-30 First Drive Review: Subcompact No Longer Means Subpar


レビューの中に「(CX-30は)アメリカ向けのサイズ」と評されるのに少し違和感をもちながらも、そういう見方をされていると思うとほっとします。

この雰囲気だとやっぱりCX-3はアメリカではディスコンになりそうです。そして、Mazda3の売上も下がりそうです。その分、CX-Xも加わるのでCX-30とCX-5との3台でボリュームゾーンをガッチリ掴むようになるのでしょう…そうならないとまずいんですけど。

北米マツダは、2019ロサンゼルスオートショーでCX-30を発表しています。Mazda3よりも,700安いスタート価格です。