マツダからアクセラのリコールについての案内が届きました(6)

マツダからアクセラ22XDの再リコールの案内が届きました。これがマツダが言う「特別な絆」です。

再リコールなんて、リコールをなめている

マツダから「リコールのお知らせ」が届きました。

マツダは、「一部の車両において、エンジン制御プログラムの修正が完了できていないおそれがある」として、SKY-D 2.2を搭載するアクセラ、アテンザ、CX-5の再リコールを届け出ています。

アクセラのリコールについての案内が届きました(6)
改善措置の作業指示が不十分であったため」ですって?! はぁ? 不十分だったため3,836人のユーザーが、少なくとも1時間を無駄にします。ディーラーでもやらなくてもよかった作業が発生してしまいました。

マツダは、常々「品質検証を徹底し、品質費用を抑制」することを重点的に取り組むと表明しているのに、再リコールなんて無駄中の無駄なことが起こってしまったことにしっかり反省して欲しいです。

この3枚のシールが、マツダとの「強い絆」の証です。

 

フォローしませんか?