31,000km

マツダ アクセラ(BM2AS)でドライブ 31000km

今年は暖冬で雪は少なめといえども、除雪で道端に積み上がった雪山は小さくても視界を妨げます。

魂動デザインにはFCTA

ドライブレコーダーの映像から切り出した「交差点にある雪山」です。これはまだ低い方ですが、これでも自動車の運転席からの視界を妨げるには十分です。

このような状況の時は、以前からFCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)のような装置があればと思っていたところ、マツダが第7世代から採用しました。試乗でもこの機能を試したことはないので、「未知のものに対する過大評価」の状態なのですが…実際はどうなのでしょう。

魂動デザインは、ノーズが長めなので、少しずつ進みながら安全確認するも、冬は(対向車が)急には止まれないのでドキドキものです。


キリ番とはまるで関係ない話でした。

 

フォローしませんか?