[動画]マツダコネクト・レトロフィットキット取り付け後

[動画]マツダコネクト・レトロフィットキット取り付け後

マツダコネクトにレトロフィットキットを取り付け、Apple CarPlayとAndroid Autoを起動させている短い動画を撮りました。

マツダコネクト・レトロフィットキット

「レトロフィットキットを取り付けるとこんな感じ」と言う紹介動画なので、内容はとてもそっけないです。Apple CarPlayとAndroid Autoを起動させているだけに等しいです。

マツダコネクト・レトロフィットキットをBM系アクセラ(後期)に取り付け

取り付け環境

  • レトロフィットキット(最小限の構成)
    • TK78 66 9U0C 12,000円(税抜)
    • C921 V6 605 2,400円(税抜)
  • 車両:BM2AS(2016年BM系アクセラ後期)
  • マツダコネクト本体:ワイドFM対応版、みちびき非対応
  • スマートフォン:iPhone8、HUAWEI P30(両機ともQZSS対応)

使用感など

自分のおすすめは、Apple CarPlayです。その理由は。

  1. 音声認識で操作できる機能が多い:音楽のプレイリストの再生やシャッフルでの再生も音声操作できます。
  2. アシスタントの声を男性にできる:サイバーフォーミュラ風が良い。
  3. 複数の地図を使える:アップルマップとグーグルマップの両方を使えます。地図の切り替えも音声操作でOKです。
  4. ホーム画面のレイアウトをカスタマイズできる。

  5. レトロフィットキットを使った場合、CarPlayの方がアシスタントの音声がクリアに出力される。
  6. 音楽アプリの使い勝手が良い。

こんな感じ。
ただし、地図(ナビゲーション)は、グーグルマップの方が良いです。えぇと、

  1. アップルマップは、すぐに2D表示になりたがる上に3D表示に切り替えるのが少し面倒
  2. アップルマップは、いちいち音声で案内したがる上に「道道」と言わずに「都道府県道」と言うし、三桁以上の道路名は例えば123号線を「イチ ニジュウサン ゴウセン」のように読むのがイラッとする(笑)。
  3. グーグルマップだとルート探索で新たな発見がある(昔ほど通れない道を案内しなくなったし)。

というとろこでしょうか。
先日、携帯の電波が入らない区間を両規格でそれぞれの地図で走ったのですが、とにかく行くべき道だけは表示して案内してくれるようです。さすがに電波のない所ではルート探索もできないのでアウトですが。


撮影は、日本ハムファイターズが新球場を建設している「きたひろしま総合運動公園」のそばです。

自分のBM系アクセラスポーツが3年目の車検です。SKY-Dのリコールの準備もできたとのことで合わせて作業してもらうことに。ついでにマツコネのレトロフィットも。


マツダ|MAZDA CONNECT|オーナー/カーライフ