マツダ アクセラ(BM2AS)納車後1048日目、地図データ更新

ナビは現在地の確認程度にしか使わないので、少し昔の地図でも用は足りています。なのでこのタイミングでの更新となりました。

マツダコネクト用地図データを更新

2017年度版はすぐに更新していたのに…。

まず、自動でアップデートする機能はない地図データ更新ツール(ナビゲーション用SDカードPLUS用)の最新版をダウンロードページで落としてから、作業に入りました。実際は、古いままでしたが。

ソフトを起動してSDカードをMacに挿すと…今回の更新で無償アップデートは最後になることが確認できます。2019年12月までに更新しておかないと、2019年度版に変わってしまい落とすことができなくなります

[更新実行]ボタンを押して、あとは、終了までそのまま見ているだけです。キャプチャした画像のタイムスタンプを見ると、更新終了まで1時間かかっていました。
マツダ アクセラ(BM2AS)納車後1048日目、地図更新
画面に変化がある毎にキャプチャをとったので、並べておきます。流れはこんな感じです。

今後も最新の地図データを使うなら

2019年度版以降も最新の地図データを使いたい場合は、2018年度版から考えると、「2019年度版地図データ」のみを買うか、「3年間無料地図更新付き」を買うかの2択になるはずです(まだ、正式アナウンスはありません)。前者は、21,600円(8%税込)、後者は48,600円(8%税込)です。

BP系Mazda3では、ガラッとマツダコネクトが変わってしまったので、ナビゲーション用SDカードを使い回すことができなくなりました。第7世代に乗り換える予定があるなら、レトロフィットキットの導入も含めてタイミングを見計らわないといけないです。