[特許]マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

マツダは、3ローターのロータリーエンジンの搭載を想定したハイブリッドスポーツカーの特許を取得しています。

マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

特許7435313 車両

本発明は、車両に関し、特に車両走行用の駆動源であるモータとインバータとの間を接続するワイヤーハーネスの配策構造に関する。

  • 課題
    エンジンとモータとのユニット化を図りながら、製造コストの上昇を抑制しつつインバータの故障を抑制することができる車両を提供することを目的とする。
  • 解決手段
    互いに隣接配置されたエンジンおよびモータを有した、車両走行用の駆動源である駆動ユニットと、前記駆動ユニットの出力軸に連結され、駆動力を駆動輪に伝達するためのシャフトと、前記シャフトの周囲を覆うカバー部材と、直流電流を交流電流に変換して出力するインバータと、前記インバータの出力ターミナルと前記モータの入力ターミナルとを電気接続する接続配線と、を備え、前記カバー部材および前記インバータは、フロアパネルに形成されたフロアトンネルの内部空間内に収容されており、前記インバータは、前記駆動ユニットから離間して配置され、且つ、前記カバー部材に対して上方に離間した状態で当該カバー部材の長手方向に沿って配置されるように、前記フロアトンネルに対してブラケットを介して取り付けられており、前記接続配線は、可撓性を有するとともに、前記インバータの出力ターミナルと前記モータの入力ターミナルとの間の直線距離よりも長い配線長を有するワイヤーハーネスで形成されている。

マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を取得

特許7435313 | 知財ポータル「IP Force」(車両)

関連特許

  • 特許7435314 車両
    エンジンとモータとを有する駆動ユニットの小型化により車両運動性能の向上を図ることができる車両を提供することを目的とする。
[特許]マツダ、3ローターハイブリッドスポーツカーの特許を出願
マツダは、スポーツカーを想定した3ローターのロータリーエンジンを搭載するハイブリッド車に関する特許を出願しています。

 
チラチラとこれまでの2ドアスポーツカーの特許やビジョンスタディモデルの動画やICONIC SPとの共通点が見えているのが興味深いです。

マツダ中山氏「個人的にはRX-XXは作らなければいけないと思っている」
マツダデザイン本部長である中山氏が、インタビューの中で次期ロータリースポーツカーについて話しています。
「ビジョンスタディモデル」は楽しい車を目指すブランドの姿勢を示すためのもの
マツダの動画に登場した「ビジョンスタディモデル」について、楽しい車を目指すブランドの姿勢を示すためのものであると欧州マツダがコメントしています。
マツダ
Ads by Google
T's MEDIAをフォローする
Ads by Google