今度はボンゴブローニイバンが不正行為の対象となり出荷停止?(更新)

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

豊田自動織機が、ディーゼルエンジンの認証不正を起こし、OEM供給を受けるボンゴブローニイバンが出荷停止になるの?

【2024/1/30更新】中国新聞では、以下の通り報じています。

トヨタ自動車グループの豊田自動織機によるエンジン試験不正問題で、マツダは30日、豊田自動織機のディーゼルエンジンを搭載している国内向け商用バン「ボンゴブローニイバン」の新たな受注、商談を29日から止めていると明らかにした。相手先ブランドによる生産(OEM)で供給を受けているトヨタの要請に応じた。

マツダがボンゴブローニイバンの受注停止 豊田自動織機のエンジン試験不正問題で | 中国新聞デジタル

今度はボンゴブローニイバンが不正行為の対象となり出荷停止?

これを書いている時点では、マツダからボンゴブローニイバンの出荷停止についての案内はありません。

ダイハツの不正問題の決着もついていないのに、今度は豊田自動織機が手掛けるディーゼルエンジンでの不正ですって。日野やらなにやらかにやら…トヨタグループって根の深い問題を抱えているようです。

調査の結果、トヨタが認証申請手続き用に豊田自動織機に委託した自動車用ディーゼルエンジン3機種の出力試験において、違反行為があったことが判明しました。出力試験時に、量産用とは異なるソフトを使ったECUを用いてエンジンの出力性能を測定し、測定する数値が安定するようにバラつきを抑えて報告する行為が行われていました。該当するエンジンが搭載された車両は、グローバルで10車種(うち日本6車種)となります。

不正行為対象エンジンの搭載車両(一部抜粋)

この不正により、豊田自動織機は当該ディーゼルエンジンの出荷を停止するので、その搭載車も出荷停止となります。そして、マツダがOEM供給を受けるボンゴブローニイバンも該当しています。

 
豊田自動織機「認証不正問題」について | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

 
ダイハツの不正問題に関して、マツダからの案内が更新されています。(BONGOシリーズについては現行モデルの生産を既に終了しております)とあるのですが、販売を終了していないので、改良型に引き継がれるということですか?ん?

タイトルとURLをコピーしました