マツダ、次期CX-5にEVモデルを設定?2025年春に量産?!

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

朝日新聞の記事によると、マツダは、次期CX-5にEVモデルを加えることを検討しているとのことです。

マツダ、次期CX-5にEVモデルを設定?2025年春に量産?!

朝日新聞の有料記事で、この先に続きがあるのですが、私は読めません(汗)。朝日新聞の記事は、そのうち消える可能性があるので、引用を多めにしています。

マツダが主力車種の中型SUV(スポーツ用多目的車)「CX―5」に、電気自動車(EV)モデルを加える検討をしていることがわかった。現在はエンジン車のみの展開だが、2025年ごろとみられる全面改良にあわせてEVモデルを投入し、電動化対応を加速させたい意向だ。

関係者によると、マツダの本社工場(広島市)で25年春ごろから量産する方向で検討を進めている。クルマの基本的な骨格は変えずに、電池やモーターなどを載せられるよう設計を工夫し、EVモデルを生産するよう部品の調達先と詰めの協議に入っているという。

 CX―5はマツダの世界販売の3割を占め、会社を支える屋台骨となっている車種。昨年度は世界で34・5万台を販売した。海外でも好調で、主力市場の米国では昨年度の販売のうち半数弱を占めた。売れ筋車種にEVモデルを加えることで、世界的に広がるEV需要に応える狙いがある。

マツダ、主力車種「CX-5」にEVモデル 25年春ごろの量産検討:朝日新聞デジタル

情報源はどこでしょう? ベス◯トカーとかじゃないですよね?

突っ込みたくなる点がいくつかあるのですが、この件をどう思いますか? 2025年にモデルチェンジするらしいと言うのは、オーストラリアでも話題になりましたが、わざわざCX-5の名称を使った電気自動車を用意するのでしょうかね? しかも、「設計に工夫をこらし」って、第6世代のまま? 第7世代もしくは、第8世代にしないで古いままでバッテリーを載せるなんてあり得なくないですか?

ただし、2025年は電動化スケジュールの第2フェーズにあたり『グローバルにバッテリーEVの導入を開始』するタイミングでもあります。さらには、2025年までに『EVモデル3車種』を投入すると明らかにしていることこともあり、何らかの電気自動車を投入するのは既定路線です。その一台にベストセラーであるCX-5の名前を使いたくなるのも分からなくはないですが…。どう思いますか?

コメント

  1. デミオ乗り より:

    CX-5からCX-60へユーザーの移行がマツダの思惑通り進んでいないことは、これまで各メディアが取り上げてきた通りだと思います。
    旧世代モデルをこのままフェードアウトさせて顧客が離れることを懸念する勢力が社内にあって、なりふり構わずCX-5を存続させようとしているのではないでしょうか?
    Mazda2モデルチェンジの噂も最近急に出てきたし(こっちはもっと眉唾ものですが)同じ動機ではないかな、と。

タイトルとURLをコピーしました