[動画]マツダ、ドライバーを見守る機能を動画で説明

この記事は約1分で読めます。
Ads by Google

マツダ、ドライバーを見守る機能を動画で説明

マツダは、ドライバー異常時対応システム(DEA)とドライバー・モニタリングの機能を説明する動画を公開しています。

マツダ、ドライバーを見守る機能を動画で説明

ドライバー異常時対応システム(DEA) ~ドライバーが一人で運転している場合~

ドライバーが一人で運転していて、運転の継続が困難になった場合のドライバー異常時対応システム(DEA)の作動について説明します。

ドライバー異常時対応システム(DEA) ~同乗者がいる場合~

助手席に同乗者がいて、ドライバーの運転の継続が困難になった場合のドライバー異常時対応システム(DEA)の作動について説明します。

ドライバー・モニタリング 「眠気検知機能」

眠気検知機能は、ドライバーに強い眠気が続いている場合に居眠りをしていると判断します。ドライバーの居眠りを検知するとDEAが作動します。

ドライバー・モニタリング 「脇見検知機能」

ドライバーの脇見を検知します。ドライバーの脇見を検知すると、画面表示と警報音でドライバーに注意を促します。

 
【MAZDA】CX-60|電子取扱説明書|KH

マツダ・コ・パイロット・コンセプトはここまで出来ている
マツダは、新世代運転支援技術「MAZDA CO-PILOT CONCEPT(マツダ・コ・パイロット・コンセプト)」の開発状況を三次テストコースで説明する場を設けています。