[動画]英国マツダ、Mazda Talksと題したキーフィーチャーを紹介する動画を複数公開

この記事は約11分で読めます。
Ads by Google

英国マツダ、キーフィーチャーを紹介する動画を複数公開

英国マツダは、Mazda Talksと題し、鼓動デザインや内燃機関などのキーフィーチャーを紹介する動画を複数公開しています。

英国マツダ、Mazda Talksと題したキーフィーチャーを紹介する動画を複数公開

Mazda Talks | Jinba Ittai

In our latest Mazda Talks film, Christian Schultze, Deputy General Manager at Mazda Motor Europe R&D, talks about Mazda’s ‘Jinba Ittai’ philosophy and why the connection between car and driver is important to Mazda.

マツダの「人馬一体」哲学と、マツダにとって車とドライバーのつながりがなぜ重要なのかについて語ります。

文字起こしをつなぎ合わせて、翻訳してみました。

ChatGPTも利用して、話している内容を日本語にしてみました

車とドライバーのつながりは、マツダにとって非常に重要です。それは、日本の「人馬一体(じんばいたい)」という哲学に触発されています。車のあらゆる側面は、人間の感覚に合わせて振る舞うように設計されています。ドライバーは車の動きを感じ、直感的に操作することができます。車とドライバーの間の調和の取れたつながりは、自然な座り位置とバランスの取れた運転ダイナミクスに大きく依存します。

マツダCX-60の先進運転支援システムは、ドライバーが最適な座り位置を見つけるのをサポートします。カメラを使用して目の位置を検出し、ドライバーに身長を示すように求めます。これらのデータに基づいて、先進運転支援システムは自動的にドアミラー、シート、ステアリングホイールの位置を調整します。

同じドライバーが再びドライバーシートに乗ると、車両は彼らの顔を認識し、個人の設定やオーディオ、エアコンなどの他の調整を自動的に復元します。

マツダCX-60の新しい8速オートマチックトランスミッションも、自然な座り位置に貢献しています。従来のトルクコンバーターではなく、マルチプレートクラッチを使用しています。このソリューションにより、異例のコンパクトさが実現され、ペダルをドライバーの前方に中央に配置することができます。新しいトランスミッションは、ドライバーのペダル操作に素早く滑らかに反応し、運転ダイナミクスの向上にも役立ちます。

MX-5とCX-60はボディタイプが非常に異なるにも関わらず、下部では似ています。両モデルは、リアホイール駆動をベースにしたアーキテクチャー、縦置きエンジン、ほぼ理想的な重量配分を活用しています。このレイアウトにより、重いコンポーネントを車両の重心に近づけることができ、慣性が減少し、運転ダイナミクスが向上します。

MX-5とCX-60の自然な運転感覚は、運動学的ポストショックコントロールによってさらに最適化されています。カーブを走行する際、車体は外側に傾き、グリップとコーナリングの安定性が低下します。運動学的姿勢制御は、内側のリアホイールにわずかなブレーキ力を加えることで、車体のロールを大幅に減少させ、コーナリングの安定性を高め、ドライバーに確かなフィードバックを提供します。

これがマツダのデザインとエンジニアリングの核心です。マツダは、アジリティに優れ、反応性があり、運転が楽しい車両を作り続けることを目指しています。

Mazda Talks | Kodo Design

In the Mazda Talks episode, Jo Stenuit, Design Director at Mazda Motor Europe explains Mazda’s unique Kodo design language and interior design concepts.

マツダ独自の魂動デザイン言語とインテリアデザインのコンセプトについて説明します。
元記事でのここの動画のリンクが間違えています

Mazda Talks | Connectivity

At Mazda we believe our customers ownership experience should be connected, convienent and as safe as possible. In the latest Mazda talks film, Frederic Hartnick, Vehicle and Advanced Electronic Development Senior Manager at Mazda Motor Europe, discusses Mazda’s connectivity through the MyMazda app.

MyMazda アプリを通じたマツダのコネクティビティについて語ります。

文字起こしから翻訳

マツダでは、お客様の所有体験がつながりのある、便利で、できるだけ安全なものであるべきだと考えています。私たちは常に新しい技術や機能を開発し、車両のつながりを高めるための取り組みを行っています。私たちが車両に統合した先進的な接続システムや技術は、この取り組みの証拠です。例えば、私たちのMyMazdaスマートフォンアプリなどです。

MyMazdaアプリを通じて、ユーザーはさまざまな機能や機能にアクセスすることができます。一般的な車両の状態の確認、旅行計画の立案、車両をリモートでロックするなど、直感的なインターフェースを通じて行うことができます。以前は手動の手続きが必要だったタスクも、アプリを介してシームレスに実行することができます。例えば、タイヤの空気圧の確認やナビゲーションシステムへの目的地の設定などです。Googleの位置情報も、わずか数回のタップでマツダコネクトナビゲーションシステムに送信することができます。重要な車両の状態データも、自宅の快適さから一目で確認することができます。

プラグインハイブリッド車およびバッテリー電動車のラインアップでは、さらなる利便性を提供するさまざまな先進的な接続技術を開発しています。MX-30またはCX-60プラグインハイブリッドのオーナーは、高電圧バッテリーの充電レベルや残りのバッテリー走行距離をリモートで確認することができます。また、車両を駐車中に遠隔からバッテリーの充電を開始・停止したり、オートクライメートシステムを作動させたりすることもできます。ドライバーが車に近くにいない場合や天候が非常に暑いまたは寒い場合に特に便利です。

私たちの接続性への取り組みは、便利さにとどまりません。MyMazdaアプリ内のサービスリマインダーやリモートエキスパート診断、ロードサイドアシスタンスのサポートにより、すべてのマツダのドライバーと乗客に安全な旅行を提供します。これらの先進的な技術を活用することで、お客様につながりのある、便利で安全な所有体験を提供できると自信を持っています。

Mazda Talks | Internal Combustion Engines

Thilo Bevern, Assistant Manager Powertrain Group at Mazda Motor Europe, talks about the role of internal combustion engines in Mazda’s multi-solution approach.

マツダのマルチソリューションアプローチにおける内燃エンジンの役割について語ります。

文字起こしから翻訳

再生可能エネルギー源からの電力供給の可用性は世界中で大きく異なり、充電インフラも同様です。そのため、マツダはCO2排出削減において多様な解決策を追求しています。バッテリー電気自動車の導入を始めたばかりでありながら、高効率な内燃機関の開発も継続しています。

マツダは燃焼プロセスの最適化に多くの努力を注いでいます。低圧縮SKYACTIV-Dディーゼルエンジンは優れた実世界の排出性能を提供します。CX-60をはじめとする大型プラットフォーム車のために、マツダは新しいインライン6気筒ディーゼルエンジンを開発しました。

マツダは「ライトサイジング」のアプローチに基づき、効率的な燃焼と低排出を実現するための理想的なエンジンサイズを決定しました。3.3リッターのSKYACTIV-Dディーゼルエンジンは、ディストリビューションコントロールドパーシャルプレミックス圧縮着火(DCPCI)という新開発の燃焼技術を使用しています。この技術により、幅広い運転シナリオで40%以上の熱効率が実現し、より反応性のある加速を実現します。

大きな排気量と高いシリンダー数は、より高い空気取り入れ率を可能にし、より薄い燃焼を実現します。X字型のピストンヘッドにより、燃焼室が2つの領域に分かれます。最適化された燃焼タイミングを持つ高度に分散した噴射スプレーパターンも、優れた効率に貢献します。

6気筒パワートレインには、新しい48ボルトのマツダMハイブリッドブーストシステムが搭載されています。これはブレーキエネルギーを回収し、電動モーターを駆動するために使用されます。このモーターは、低負荷時のクルーズ時に車両を駆動し、アクセル時には内燃機関をサポートします。

マツダの新しい6気筒ディーゼルエンジンは、将来の数年間にわたって、ダイナミックで快適、かつ効率的なパワートレインオプションとなるでしょう。

Mazda Talks | Plug-in Hybrid

In the latest Mazda Talks film, Heiko Strietzel, Senior Manager Powertrain Group at Mazda Motor Europe R&D, discusses about the role of plug-in hybrid vehicles in Mazda’s multi-solution approach.

マツダのマルチソリューションアプローチにおけるプラグインハイブリッド車の役割について語ります。

文字起こしから翻訳

マツダでは、世界的なCO2排出削減において、多様なパワートレインの選択肢が最も効果的な方法だと考えています。私たちはお客様に最適なパワートレインオプションを選択できるようにしたいと思っています。地域のエネルギー生産、充電インフラ、個々の運転プロファイルに応じて、マイルドハイブリッド、フルハイブリッド、プラグインハイブリッド、バッテリー電気自動車など、さまざまな電化レベルを提供しています。

プラグインハイブリッド電気自動車は、電気モーターと内燃機関を組み合わせた車種です。自宅や職場で便利に充電できるドライバーにとっては選択肢となります。プラグインハイブリッド電気自動車は、ほとんどの日常通勤を完全に電気で行い、地域での排出物をゼロにすることができます。長距離移動時には内燃機関が追加の走行距離を提供し、充電についての心配を解消します。

2022年にマツダは世界初のプラグインハイブリッド車両であるCX-60 PHEVを発売しました。このミッドサイズSUVは、マスターの大型車プラットフォームをベースにした最初の車種です。その縦置きエンジンと四輪駆動のレイアウトにより、最適な重量配分が可能です。17.8キロワット時のバッテリーを搭載したCX-60 PHEVは、最大63キロメートルまでローカルでゼロ排出で走行することができます。最大で時速140キロメートルまで電気モーターのみで走行することも可能です。内燃機関と電気モーターの組み合わせにより、最大出力327 PSを発揮します。

2023年には、マツダはMX-30 REVというコンパクトなクロスオーバークーペのプラグインハイブリッドバージョンを発売します。これはマスターのコンパクト車プラットフォームに基づいており、横置きの前輪駆動レイアウトを採用しており、コンパクトな外観寸法でも広々とした室内空間を提供します。MX-30 REVは主に都市部および郊外で運転するお客様を対象に設計されており、充電の機会を気にせずに長距離移動をすることができます。内燃機関はユニークなロータリーエンジンが採用されており、新たな目的に合わせて再設計されています。CX-60 PHEVとは異なり、MX-30 REVは常に電気モーターによって駆動されます。コンパクトで軽量な内燃機関は発電機として機能し、必要に応じてバッテリーを充電します。エンジン全体のパワートレインは非常にコンパクトであり、エンジンルームに四気筒エンジンのように横に収まります。17.8キロワット時のバッテリーを搭載したMX-30 REVは、最大で85キロメートルまでローカルでゼロ排出で走行することができます。ドライバーはバッテリーをどれだけ放電させるか自由に選択できます。MX-30 REVは最大で時速140キロメートルまで走行し、電気モーターの最大出力は170 PSです。MX-30 REVは主に都市部での運転を目的としていますが、従来の内燃機関車と同様の総走行距離を実現します。マツダCX-60 PHEVとMX-30 REVは、高い効率性と地域でのゼロ排出運転のオプションを組み合わせ、活力ある走行ダイナミクスと充実感を提供します。マツダは今後もさらなる電動化車種の発売を予定しています。

 
Latest News | Inside Mazda | news and features from Mazda UK PR

 
海外の方がこういった説明には積極的だという印象です。国内では、こういった説明にはウェブページで写真と文字を使いますよね。国内でも動画をもっと活用して欲しいと思っています。

全編英語で話しているので、どんな内容かは耳で聞いても分かりません(大汗)。文字起こしをChatGPTにそのまま放り込んで日本語になるんですね…便利!便利!

「マツダは今後もさらなる電動化車種の発売を予定しています」とあるのは、新しいハイブリッドやBEVのことなのでしょうかね…。e-SKYACTIV R-HEVにはずっと期待しているんだけど、実現するのかなぁ???

タイトルとURLをコピーしました