[特許]マツダ、2ドアを想定したサイドドアの外装パネル構造に関する特許を出願

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

マツダは、2ドアを想定したサイドドアの外装パネル構造に関する特許を出願しています。ユーザーが外から外装パネル材を押した場合にも凹みを小さく抑えることを目的としています。

マツダ、2ドアを想定したサイドドアの外装パネル構造に関する特許を出願

特開2023-53463 車両の外装パネル構造

外装パネル材の外面への歪に起因した凹凸の発生を抑えながら、ワックスがけ時などにユーザーが外方から外装パネル材を押圧した場合にも外装パネル材の凹みを小さく抑えることが可能な車両の外装パネル構造を提供することを目的とする。

  • 課題
    外装パネル材の外面への歪に起因した凹凸の発生を抑えながら、ワックスがけ時などにユーザーが外方から外装パネル材を押圧した場合にも外装パネル材の凹みを小さく抑えることが可能な車両の外装パネル構造を提供する。
  • 解決手段
    車両の外装パネル構造は、外装パネル材と補強部材11とを備える。補強部材11は、複数の接合部110と複数の連結部111とを有する。複数の接合部110は、外装パネル材の内面に沿って互いに離間し、それぞれが外装パネル材の内面に接合されている。連結部111は、外装パネル材の内面に沿った状態で延び、隣接する接合部110同士を連結する。外装パネル材の内面と連結部111とは、外装パネル材の外面から厚み方向内側に向けて所定値以上の押圧力を受けた場合に互いに当接し、それ以外の場合には互いに離間している。

マツダ、2ドアの外装パネル構造に関する特許を出願

マツダ、2ドアの外装パネル構造に関する特許を出願

マツダ、2ドアの外装パネル構造に関する特許を出願

特開2023-53463 | 知財ポータル「IP Force」(車両の外装パネル構造)

関連特許:

  • 特開2023-53464 車両の外装パネル構造
    外装パネル材に対して支持剛性を確保した状態で補強部材を接合しながら、補強部材の接合に起因した外装パネル材の外面での凹凸の発生を抑え、且つ、ワックスがけ時などにユーザーが外装パネル材を押圧した場合にも外装パネル材の凹みを小さく抑えることが可能な車両の外装パネル構造を提供することを目的とする。

 
マツダは、これまでも2ドアスポーツカーを想定した特許(発明)をいくつも出願・取得していますよね。今回もその一環です。く外装パネルが薄いのでしょうね。軽量化と光の移ろいを表現したデザインを採用しようとすると、ペコペコしちゃうのかな?

ここまで考えるリソースも使っているのだから…きっと、きっと実現しますよね????

[特許]マツダ、2ドアを想定したサイドドアに関する特許を出願
マツダは、2ドアを想定したサイドドアの構造や製造方法、開閉などに関する特許を出願しています。2ドアスポーツカーの夢が着実に実現に近づいているように感じます。
マツダ
Ads by Google
T's MEDIAをフォローする
Ads by Google
T's MEDIA

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ドアパネルの湾曲感がFD型RX7を思わせ、全体像を妄想すると、かなりボリューミーなスタイルのクーペが浮かんできます。これがニューRX7なのか、はたまたニューロードスターになるのか、それとも全くのニューフェイスなのか?それにしても、CXー60は見えない所で不具合が多数発生している様で!ちょっと心配です。

タイトルとURLをコピーしました