マツダ、Mazda2を大幅商品改良!エクステリアとグレードが大きく変更

この記事は約4分で読めます。
Ads by Google

マツダは、Mazda2に大幅商品改良を実施し3月下旬に発売を予定しています。キャラクターを明確化するエクステリアデザインやグレード採用がメインです。

マツダ、Mazda2を大幅商品改良!エクステリアとグレードが大きく変更

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「MAZDA2(マツダ ツー)」を大幅に商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日より予約受付を開始します。発売は3月下旬を予定しています。

今回の商品改良では、不確実性が高まる現代社会においても、自分らしさを大切に、行動範囲を拡げ、仲間とともにいきいきと日常生活を愉しんでいただきたい、という想いを込め、開発コンセプトを「好きを探せる相棒」としました。バンパーやグリルなどのデザイン変更、ルーフフィルムなどの多彩なカラーコーディネーションの設定、新機種の追加および各機種のキャラクターの明確化により、自分らしい1台を選んでいただけるようにしました。また、環境に配慮した塗装技術や素材を採用しています。

MAZDA2大幅商品改良概要

デザイン変更

現行のスタイリッシュさを維持しながら、それぞれの機種の役割に合わせて共感を得られるキャラクターを付与することを目指し、フロント、リアバンパーやグリルなどのデザインを変更するとともに、内装の見直しも図りました。

新しいボディカラーの採用

「エアストリームブルーメタリック」と「エアログレーメタリック」を新たに採用。

新機種の設定

「15 BD」「XD BD」

「自分らしく、自由な発想で、遊び心を持って」をイメージして開発した新機種。

  • 2トーンのフルホイールキャップを新設し、ボディカラーと合わせたカラーバリエーションを展開。
  • ボディカラーに合わせて、インパネにピュアホワイト、グロスブラック、グロスライトブルーの3色を設定。
  • ルーフフィルムをメーカーオプションで新たに設定。ドアミラーのカラーと合わせて、ボディ同色以外にホワイト、ブラックも選択が可能。
  • ボディカラー11色、インパネカラー3色、ルーフカラー3色、ホイールキャップカラー6色をご用意。全198通りのカラーコーディネーションからお好みの1台を選ぶことが可能。
  • 他にも、用品を拡充するとともに、用品パッケージ「ROOKIE DRIVE(ルーキー ドライブ)」と「CLAP POP(クラップ ポップ)」を設定。用品装着によりさらなる表現の広がりを提供。


機種体系の見直し

お客さまが好みに合わせて選びやすいように各機種のキャラクターを明確化。上記「15 BD」「XD BD」、スポーティさを強化した「15 SPORT」「XD SPORT+」、質感を高めた「15 Sunlit Citrus」に集約しました。

「15 SPORT」「XD SPORT+」

ご好評いただいていた「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」のスポーティさをさらに強化するため、引き続きMT車を設定するとともに、以下専用装備を追加し、機種名も「15 SPORT」「XD SPORT+」に変更。

「15 Sunlit Citrus」

従来の「Sunlit Citrus」で好評だった質感をさらに高めた機種。以下を標準装備。

 
MAZDA2|コンパクトカー|マツダ

環境負荷の低減に貢献するパーツを採用

本商品改良で採用したルーフフィルムは、従来の2トーンカラー塗装に比べてCO2排出量とエネルギーを大幅に削減しました。また、インパネには、植物由来原料の材料「バイオエンプラ」を採用し、従来の塗装では実現できない高い質感を実現すると同時に、石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制、無塗装によるVOC(揮発性有機化合物)の削減など、環境負荷の低減に貢献しています。

 
MAZDA NEWSROOM「MAZDA2」を大幅商品改良|ニュースリリース

オートエクゼからカスタムパーツ&アクセサリー

オートエクゼからアクセサリーカタログで注文できるカスタムパーツ&アクセサリーが発売です。

マツダ車の走りとスタイルをいっそう研ぎ澄まし,きわだつスポーツ感覚の獲得へ。
AutoExe OPTIONSは、いつもの市街地やお気に入りのワインディング、週末の高速道路といった日常的なシーンで走りをグレードアップを実感できるトータルチューニングによりMAZDA2の上質さをそのままに、逞しい容姿や走りへと解き放ちます。

 
MAZDA2 カスタムパーツ & アクセサリー ラインアップ | AutoExe マツダ車チューニング&カスタマイズ

コメント

  1. デミオ乗り より:

    初めて見たときはちょっとショックでしたが、だんだん見慣れてきたかも。YouTubeに投稿されている動画を見ると、そこまで違和感ありませんでした。エアストリームブルーの色味は好感!
    というより、マツダのチラシやサイトでよく使われている、背景が灰色の画像が必要以上に陰鬱で写真映りが悪いだけなのでは?という気がしてきました。

タイトルとURLをコピーしました