[雑感]マツダの夢はいつ実現できるのでしょうね?

この記事は約4分で読めます。
Ads by Google

マツダの夢はいつ実現できるのでしょうね?

ロータリエンジンが再び市場に戻ってきます。しかし、マツダが「いつか実現したい夢」と言ったRX-VISIONの量産化ではありませんでした。では、いつこの夢は実現できるのでしょうね?

マツダの夢はいつ実現できるのでしょうね?

RX-VISIONは、マツダがいつか実現したい夢を表現したモデル

ちょっと振り返っておきます。2015年にマツダが東京モーターショーに合わせてRX-VISIONを発表したときのリリースには…

『RX-VISION』は、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」にもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーの造形に挑戦するとともに、次世代REの「SKYACTIV-R(スカイアクティブ・アール)」を搭載した、マツダがいつか実現したい夢を表現したモデルです。

MAZDA NEWSROOMマツダ、コンセプトモデル「Mazda RX-VISION」を世界初公開|ニュースリリース

とあります。マツダがロードスター以外のFRスポーツカーを作るのであれば、最も美しいFRスポーツカーを元にしないわけがありません。そして、その車にREが載らなければ、それを作る意味がありません。故にRX-VISIONの量産型が登場しないとマツダ自身も我々も納得しない・できない状況が出来上がっています。

仮にRX-VISIONの発表がなければ、「ロータリエンジンが復活しないかなぁ?」と言う話題は、世間の妄想に過ぎなかったかもしれません。しかし、メーカー自ら「いつか実現したい夢」と口外してしまったものだから、世間も夢の実現を待っています。

繰り返される「待ちの姿勢」

最近のAUTOCARの記事にもあるように、いつもロータリエンジンやらスポーツカーは後回しにされます。

電動化モデルの展開が完了し、会社の置かれた状況がもっとよくなれば、また別の機会にその夢について考えることができます

以前は、ラージ商品群の開発に集中するのでリソースを割けない…今度は、電動化モデルです…。

マツダは、今の時代に合わせて電動化を進めていく必要があります。まず最初に行うのが電動化ですが、将来的にはそうなる(ロータリー・スポーツカーが登場する)かもしれません。

いや、そう言われても…いったいいつまで待つのでしょう? 経済性・軽量化・信頼性の課題をクリアするまで? 電動化が完了するっていつですか?

ロードマップを口外しちゃえ?!

あと2年で東京モーターショー2015から10年です。「10年ひと昔」でRX-VISIONの話は昔話になってしまいます。待ち時間が長いですね〜
今年、プロトタイプでも登場しなければ、2025年にRXスポーツカーが世に出ることはないでしょう。

バッテリーEVの導入が本格化している2030年以降にREハイブリッドスポーツカーを出しますか? 水素ロータリーならまだしも(水素ロータリーを出せるほどにインフラが整っているのが条件ですが)…タイミングが良くない気がします。

マツダは、2025年に「新しいハイブリッドシステムを導入」するとしています。この流れに乗って電動化戦略の第3フェーズである2028年〜2030年までにRXスポーツカーを出すのが最後のタイミングのようにも思います。

マツダには、夢の実現のためのロードマップにきちんと線を引いて口外して欲しいです。買う買わない、買える買えないとはまったく違う次元で、マツダのシンボルであるロータリエンジンを駆動に使うスポーツカーの復活を惑わされずに待ちたいです。

2030年でも非EV車は半分以上

マツダは、2030年時点でも総販売台数の40%近くしか電気自動車が売れないと見込んでいます。その頃の内燃機関は、マツダの理想にもっとも近づいた性能を持っているはずです。その技術をもってして駆動用のハイブリッドロータリーエンジンを作っても構わないと思いますが…2030年から先は、さらにゼロカーボンに対する要求が厳しくなっていることが十分予想できます。水素ロータリーなら生き残れるかもしれないです。

本当に、この先、どうしたいんだろう?

 
やっぱり、発電機ではダメなんですよね。車輪を直接駆動しないと認めないんですよね。

マツダ藤原氏「RX-VISIONはロータリーエンジンできちんとタイヤを駆動するもの」
マツダの研究開発のボス・藤原氏が、レスポンスのインタビューの中で、今後のEVやローターリーエンジンの開発に関して語っています。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    バブル期の様なイケイケどんどんと突き進み、失敗した事を踏まえての1つの戦略として、あえてRE車を出さずにいるのだと思っています。が、このご時世を考えると出すタイミングを逸してしまう可能性もある為、昔のコスモAPの様にラグジュアリーカーとするならロータリー専用車ではなくレシプロエンジン、つまりスカイGもしくはスカイXを搭載した併売で出しても良いのではと思います。当時の最高グレードであるリミテッドの復活として!スポーツカーとしてなら、ロードスターをベースに初代サバンナRX7くらいの大きさで出すとか!でも開発コストの事を考えると・・・。ここはR-EVの成否に関わってくるのでしょうか。

  2. 元MAZDA乗り今TESLA より:

    もうREはMAZDAにとっては呪いですね。周りが勝手に期待しすぎて引くに引けないのでは?本気で出すなら後1、2年の内にやらないと永遠に出てこないと思います。やるならケーニグセグやパガーニみたいなハイパーカーメーカーを別会社として作ってお金持ちにガンガン売らないと。金は出さないが口は出すネトウヨおじさん達の夢は潰えるでしょうが、やるならそういった人達は無視して徹底的に理想のREスポーツカーを作って欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました