2022年10月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング。CX-60は29位

この記事は約6分で読めます。
Ads by Google

2022年10月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング

CX-60の生産と納車が順調に増えてきているようです。2022年10月は1,738台を販売して29位まで上がってきています。CX-30をほぼ同じ販売台数とは凄いです。

2022年10月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング

2022年10月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

MX-30のHEVとEVの合計を記載しています。また、マツダの発表台数と異なる場合があります。50位圏外の一部の車では計算値を載せています。
2022年マツダ車新車販売台数(一覧表) – [ ]はその月のランキングです –
  CX-60
〈2,000台〉
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
MX-30
〈1,000台〉
1月   848[47] 132[ – ] 2,235[20] 1,188[36] 1,725[27] 925[45] 1,823[24] 170[ – ]
2月   2,889[18] 269[ – ] 3,596[12] 1,859[29] 2,131[26] 772[46] 3,062[16] 268[ – ]
3月   2,222[32] 468[ – ] 5,339[16] 2,854[27] 2,133[34] 1,117[48] 2,979[25] 277[ – ]
4月   485[45] 90[ – ] 1,563[26] 532[41] 487[44] 417[49] 1,126[29] 71[ – ]
5月   108[ – ] 34[ – ] 812[33] 341[48] 276[ – ] 275[ – ] 837[32] 24[ – ]
6月   653[48] 139[ – ] 1,937[23] 849[39] 1,415[30] 1,121[36] 1,930[24] 109[ – ]
7月   966[40] 228[ – ] 2,265[25] 1,538[34] 2,370[23] 861[44] 2,802[19] 159[ – ]
8月 514[50] 986[36] 273[ – ] 2,618[18] 810[41] 1,211[32] 116[ – ] 2,167[20] 177[ – ]
9月 813[46] 1,382[33] 105[ – ] 4,642[14] 703[ – ] 890[42] 716[ – ] 2,355[25] 135[ – ]
10月 1,738[29] 1,180[35]   3,077[15] 1,047[39 1,125[36] 575[46] 2,110[25]  
11月                  
12月                  
 
10月 CX-60 CX-8 Mazda6 CX-5 Mazda3 CX-30 CX-3 Mazda2 MX-30
合計 3,065 11,719 1,738 28,084 11,721 13,763 6,895 21,191 1,356
平均 1,022 1,172 194 2,808 1,172 1,376 690 2,119 151

今納車(登録)されているCX-60は、XD-HYBRIDですよね。すると、車体価格が約500万円以上します。これだと、最高でも車体価格が約270万円のMazda2を売るよりもCX-60を売るほうが効率的(高利益率)に稼ぐことができるから、そりゃ、CX-60の販売に力が入りますよねぇ。

ここ数か月は、工場の操業が止まることなく生産できていることも、プラス材料になっていることでしょう。

 
乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

燃料別販売台数

「燃料別販売台数」を統計が発表されるのに合わせて、ランキングと一緒に追っかけていきます。注目点は、ディーゼルとHEVの動向です。おまけでEVって感じです。
2022年10月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング

ディーゼルからハイブリッドに移行する流れは、CX-60が作っているのは大きく納得できますが、案外、ガソリンからハイブリッドへの流れもありそうですね。この辺りの話が、決算説明会でも話されるとありがたいのですが、どうでしょう?

 
燃料別販売台数(乗用車) | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

タイトルとURLをコピーしました