2022年10月の豪州マツダの販売台数は、前年同月比11.5%増の5,775台

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

2022年10月の豪州マツダの販売台数は5775台

2022年10月の豪州マツダの販売台数は、前年同月比11.5%増の5,775台でしたが、ブランド順位では第5位になってしまいました。

2022年10月のオーストラリア市場について

The charts show 87,299 vehicles were newly-registered in October (we’ll call them sales), which is a 16.9 per cent increase on the same month last year and contributes to a 0.9 per cent rise in the year-to-date tally, of 898,429 units.

10月の新規登録台数(≒販売台数)は87,299台で、前年同月比16.9%増、累計では898,429台で同0.9%増となった。

新車の台数不足がやや改善しているそうです。平均の待ち時間が9月の190日から10月は160日になったとのこと。ただし、RAV4は560日にもなり一番待ち時間が長いということです。

2022年10月の豪州マツダの販売実績

豪州マツダの販売台数は、前年同月比11.5%増の5,775台でした。なんとブランド順位が第5位まで下がっています。第1位のトヨタは置いといても、2位にフォード(43.2%増)、3位にKIA(31.5%増)、4位に三菱(42.3%増)がランクインしています。ムム!三菱よりも少なかったんですか!

各車の販売台数については、記事に取り上げている車種と数字しか分からず、全車種を網羅していません。
  • CX-5:2,352台
  • CX-3:852台
  • BT-50:602台
  • Mazda3:327台
  • Mazda6:104台
  • MX-5:43台

BT-50よりもCX-3の方が、多く売れているというのが…一概に人気がーや単純に需要がーとは言えないですが…BT-50は発売からまもなく2年が経つので、テコ入れが入ってもいい時期なんですね。これを言うと、CX-3やMazda2はどうなるんだ?!となってしまいますが(汗)。

 
Australian vehicle sales for October 2022: VFACTS – PerformanceDrive

タイトルとURLをコピーしました