豪州マツダ、2022年4月から200ドル以上の値上げを実施

豪州マツダでは、2022年1月に続き4月から再び、200ドルから338ドルもの値上げを実施しています。

豪州マツダ、2022年4月から200ドル以上の値上げを実施

Mazda Australia is the latest mainstream brand to raise prices range wide as the automotive industry grapples with ongoing supply chain issues and rising logistics prices.

(マツダオーストラリアは、自動車業界がサプライチェーンの問題や物流価格の上昇に直面する中、広範囲にわたって値上げを行う最新の主要ブランドである。)

2022 Mazda Australia models including CX-5, BT-50, CX-30, MX-5 and Mazda3 all move up in price – Car News | CarsGuide

マツダは、公式に値上げの理由を、「市場の変化、原材料や生産コスト、為替変動など、あらゆる要因が価格設定に影響を与える」と話しているそうです。

各車の値上げは、次の通りです。もともと高額な車ほど値上げ幅も大きくなっているみたいです。電気自動車のMX-30は価格据え置きです。

豪州マツダ、2022年4月から200ドル以上の値上げを実施


豪州マツダが、モデルチェンジに関わらず、こうして一斉に値上げをするのは今年になって2度目と言うのに驚きます。多くの車種の値上げは200ドル(約18,200円)と微妙と言えば微妙ですが、値上げというイメージは、良い影響はないですよね。

日本国内では、今のところこうした動きは、他社を含めて無さそうですが、モデルチェンジを機に大きく値が上がる可能性はありますよね。2020年代は、なかなか落ち着かない年が続きますね…。

オーストラリアメディアによると、マツダは、市場の変化や生産コストなどの変更を反映するために1月に一部のモデルで車両価格を引き上げています。