北米マツダ、2022年2月のセールスレポートを発表。前年比8.3%増

マツダ

北米マツダ、2022年2月のセールスレポートを発表

北米マツダが、2022年2月のセールスレポートを発表しています。2021年2月と比較して8.3%増となりました。

北米マツダ、2022年2月のセールスレポートを発表

CX-5とCX-9が2月として過去最高の販売台数を記録

2022年2月は、前年同月比8.3%増の28,166台を販売しています。2022年の累計では昨年と比較して3.9%の49,245台でした。

2022年2月のトピックスは、

  • 2月としては、2番目に多く売り上げた月になっています。前年同月比3.8%増の28,166台を販売
  • CX-5は、2月としては過去最高で同35.7%増の16,404台を販売
  • CX-9も2月としては過去最高で同20.7%増のの3,803台を販売

CX-3は、先月に続きノーカウント(数字が入っていません)ですが、Mazda6は55台が売れています。電気自動車MX-30の販売台数は46台でした。

Mazda3のセダンとハッチバックのそれぞれ販売台数を見ると、今月はハッチバックのほうが多く売れていますが、いつもはセダンの方が人気が高いようです。セグメントが違うとこの人気も異なるのでしょうね。

 

メキシコとカナダのセールス

メキシコでは、前年同月比5.5%となる4,007台を販売しています。一方、カナダでは、前年同月比12.1%となる3,616台を販売しています。

 
Mazda Reports February Sales Results | Inside Mazda

 

https://super.asurada.com/cars/mazda/2021/67717/