[特許]マツダ、車両の車体構造についての特許を複数出願

マツダは、クロスオーバーSUVを想定した車両の前部、側部、下部それぞれの車体構造についての特許を出願しています。

マツダ、車両の車体構造についての特許を複数出願

特開2022-30062 車両の前部車体構造

  • 課題
    スモールオーバーラップ衝突時、車体の重量増加を招くことなくエプロンレインを内折れ制御することができる車両の前部車体構造を提供する。
  • 解決手段
    車体前後方向に延びる左右1対のエプロンレイン30と、これら1対のエプロンレイン30の後端部に夫々連結された左右1対のヒンジピラー20とを備え、エプロンレイン30のレインアウタ部材31は、ヒンジピラー20に連結された後端部から途中部に亙って車体前後方向に直線状に延びる直線部30aを有し、直線部30aの車幅方向外側に位置する外面部31aに車体前後方向において前方程前後方向剛性が低く設定された車体内側への変形促進部である横ビード部31sを設けている。
  • マツダ、車両の車体構造についての特許を出願

特開2022-30062

ちなみに、CX-60と思われるテスト車両の画像と雑に合成したら、その気にさせられました。

特開2022-030064 車両の下部車体構造

  • 課題
    スモールオーバーラップ衝突時の衝撃エネルギ吸収性能を十分に確保することができる車両の下部車体構造を提供する。
  • 解決手段
    車体前後方向に延びる第1閉断面C1を形成するサイドシル2と、このサイドシル2の前端部分を補強するために第1閉断面C1内に設けられた補強部材30とを備え、補強部材30が、サイドシル2の前端部分に入力した車体後方に向かう衝突荷重を支持する前端補強部31と、車幅方向内側後方に向かう衝突荷重がサイドシル2の前端部分に入力したとき、サイドシル2の車幅方向内側後方に向かう変形を許容する変形許容部32と、サイドシル2の車幅方向内側後方に向かう変形の後にサイドシル2の変形を抑制する変形抑制部33を有する。
  • マツダ、車両の車体構造についての特許を複数出願

特開2022-030064

特開2022-030063 車両の前部車体構造

  • 課題
    軽量化と衝撃エネルギ吸収性能向上とを両立することができる車両の前部車体構造を提供する。
  • 解決手段
    左右1対のエプロンレイン30と、左右1対のヒンジピラー20とを備え、ヒンジピラー20が、ピラーアウタ部材21と、このピラーアウタ部材21と協働して閉断面を形成するピラーインナ部材22とを有し、ピラーインナ部材22は、本体部22aと、前方に延びる先端部材23とを備え、先端部材23が、レインアウタ部材31の後部に接合された接合部23bと、本体部22aに連結する連結部23cの近傍位置に形成された脆弱部23eと、接合部23bと脆弱部23eとの間に車幅方向内側に突出するように形成された突出部23dとを有し、脆弱部23e及び突出部23dの座屈強度が接合部23bの接合強度よりも低く設定されている。

特開2022-030063


これまでも、ちらちらとクロスオーバーSUVを想定した車両の車体構造に関する特許の出願がありました。それらの説明図をCX-60と思われるテスト車両の画像と重ねたら、結構しっくりくるじゃないかなぁ?

マツダは、環状車体骨格が前部車体に構成されるような車両の前部車体構造に関する特許を出願しています。

フォローしませんか?