2021年にタイでもっとも売上が伸びたマツダ車はCX-3

バンコクポストによると、2021年のタイで売れたマツダ車は、前年比9.8%減の35,385台でした。そして、もっとも売上が伸びたのはCX-3でした。

2021年にタイでもっとも売上が伸びたマツダ車はCX-3

Bangkok – Thailand – 17 January 2022 –Mazda reveals that its sales performance in 2021 was over 35,000 units or accounted for 5% market share. The passenger car, Mazda2 was the best-selling model, followed by three models in the CX-Series that were recently launched to the market in the last quarter of 2021. As a result, Mazda’s sales in December reached to 3,750 units, in particular, the CX-30 and CX-3 were able to achieve the highest record since they were introduced to the Thai market.

(バンコク–タイ– 2022年1月17日–マツダは、2021年の販売実績が35,000ユニットを超えたか、5%の市場シェアを占めたことを明らかにしました。 乗用車のマツダ2がベストセラーで、2021年第4四半期に発売されたCXシリーズの3モデルが続く。その結果、12月のマツダの販売台数は特に3,750台に達した。 、CX-30とCX-3はタイ市場に投入されて以来、最高記録を達成することができました。)

Mazda’s CX-Series sales increased 21%, prepares 4 new models to enter the market in the first quarter of this year

2021年にタイでのマツダ車の販売台数

2021年のマツダの累計販売台数は、乗用車19,799台(20.2%減)、クロスオーバーSUV14,225台(21.4%増)、ピックアップトラック1,361台(49.7%減)に分けられ、シェアは4.6%でした。興味深いのは、2021年12月にCX-30とCX-3が、発売以来最高の販売台数を記録している点です。

2021年に一番多く売れたのは、Mazda2の17,813台(前年比18.2%減)、そして、もっとも売上が伸びたのはCX-3の4,747台(同112.9%増)でした。

2021年にタイでもっとも売上が伸びたマツダ車はCX-3

2022年にタイでは4車種を投入予定

記事では、2022年の第1四半期にすべてのセグメントに4つの新しいモデルを投入するらしいです。まず、CX-3とMazda2から始めて、その後、CX-30とMazda3を発表するとのことです。

この記事では、ラージ商品群については触れていません。

マツダは、11月も半導体不足によりタイとメキシコの各工場で4日から5日間の生産調整(操業休止)を実施するとのことです。
フィリピンのメディアが、次期Mazda2について伝えています。それによると、マツダは、2022年第2四半期にタイで次期Mazda2の生産を開始するらしいということです。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    CXー3が活躍している情報は、やはり嬉しくなります。国内でこのCXー3やmazda2がもっと売れると、より嬉しいのですが!