マツダ、1月も半導体不足でメキシコ工場を一時休止

マツダ、1月も半導体不足でメキシコ工場を一時休止

日経新聞などによると、マツダは、半導体不足によりメキシコ工場を2日間操業を休止するとのことです。

マツダ、1月も半導体不足でメキシコ工場を一時休止

マツダは半導体の供給不足に伴い、1月にメキシコ工場の稼働を約2日間止めると明らかにした。具体的な操業停止日や減産台数は非開示としている。2021年12月には同じ理由でメキシコ工場の操業を9日間、年末在庫調整の影響でタイ工場の操業を6日間止めていた。

マツダ、メキシコ工場を一時停止 半導体不足で: 日本経済新聞

日経新聞などによると、マツダは、タイ工場で2日間、メキシコ工場で5日間ほど操業を休止するとのことです。