大幅改良で進化したマツダCX-5のグレード別受注状況

大幅改良で進化したマツダCX-5のグレード別受注状況

マイナビニュースに2021年12月から販売が始まった商品改良後のマツダCX-5受注状況がグレード別にまとめられています。Black Tone Editionが一番人気です。

大幅改良で進化したマツダCX-5のグレード別受注状況

マイナビニュースにある表を降順に並べ替えました。今回の商品改良で追加された「Sports Appearance」は約19%で受注2番手ですが、もう一つの目玉である「Field Journey」は約6%と一番少なくなっています。

商品改良後マツダCX-5のグレード別受注状況
グレード名販売構成比(約)価格(万円)
Black Tone Edition23%304.15~359.15
Sports Appearance19%325.6~380.6
Exclusive Mode18%352.55~407.55
Proactive15%290.95~345.95
Smart Edition12%267.85~322.85
L Package7%320.1~375.1
Field Journey6%323.4~355.3


異色の特別仕様「フィールドジャーニー」は好調? マツダ「CX-5」の販売状況 | マイナビニュース


マツダは、Field Journeyをフィーチャーした「MAZDA ACTIVE」を来年2月から発売して、この辺りの需要を喚起したいようです。

ワイドボディで迫力満点でオフロード色が濃いCX-50を見てしまうと、CX-5 Field Journeyでは、少々物足りなさを感じてしまいます。欧州や豪州でもField Journeyに相当するグレードが投入されるので、どのような反応になるのか楽しみです。

マツダは、CX-5に大幅改良を実施。前後車体デザインを大幅に変更しています。また、2つの特別仕様車や新ボディカラー「ジルコンサンドメタリック」の追加、ダイナミクス性能を進化させるなどして2021年12月上旬に発売を予定しています。