マツダ、ロードスターに軽量グレード「990S」を追加するなどの商品改良を実施

マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施

マツダは、最軽量グレード「990S」や2つの特別仕様の追加、走りの楽しさをさらに高める新技術「KPC」を採用するなどの商品改良を行い、2022年1月中旬に発売予定です。

マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター(ソフトトップモデル)」、「マツダ ロードスター RF(リトラクタブルハードトップモデル)」を改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日より予約を開始いたします。発売は1月中旬を予定しています。


今回は、4代目ロードスターのコンセプトである「人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”(ジョイオブザモメント、ジョイオブライフ)」をさらに深めることを目指した改良を行い、また、お客さまの多様な価値観やライフスタイルに合わせて、2つの特別仕様車と1つの新機種を追加しました。

MAZDA NEWSROOM「マツダ ロードスター」を商品改良|ニュースリリース

商品改良の概要

「人馬一体」の走りの楽しさをさらに高める「KINEMATIC POSTURE CONTROL」を採用

キネマティック・ポスチャー・コントロール(KPC)は、日常域でスムーズに動くロードスターのサスペンション構造を活かしながら、ハイスピードのコーナリングにおいてもより一体感があり、より安定した旋回姿勢を実現する新技術です。

  • ロードスターのリアサスペンションは、ブレーキをかけることで車体を引き下げる「アンチリフト力」が発生する構造になっています。KPCでは、このサスペンションの特性を最大限に活かし、Gが強めにかかるようなコーナリングの際にリアの内輪側をわずかに制動することで、ロールを軽減しながら車体を引き下げて旋回姿勢をより安定させます。KPCによる重量増加は1グラムもありません
  • マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施

  • KPCは、後輪の左右の速度差から旋回状態をリアルタイムに検知し、これに応じてリニアに作動を強めて、自然な姿勢安定化の効果を発揮します。つまり、日常域ではこれまでと変わらない、ロードスターらしいリラックスした軽快な挙動を保ちつつ、ハードな走行になればなるほど、KPCによって車体の浮き上がりが軽減され、クルマが地面に吸い付くように安定しやすくなります。これによって接地感が高まり、これまでよりも幅広いドライビングシーンにおいて、ロードスター本来のポテンシャルを最大限に活かした「人馬一体」の走りを体感することができます。

ボディカラーに「プラチナクォーツメタリック」を追加

上質でエレガンスさを表現したプラチナクォーツメタリックをラインナップ。今までのロードスターとは一味違う、大人の雰囲気を醸し出します。

特別仕様車

  • マツダ ロードスター 990S
    最軽量グレード”S”をベースに、さらなるバネ下重量の低減と、軽さを活かしたシャシーとエンジンの専用セッティングによって、より軽やかで気持ちの良い人馬一体感を提供する特別仕様車を追加しました。
  • マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施

  • マツダ ロードスター Navy Top
    品のあるダークブルー幌と黒革内装を組み合わせた、クールで都会的な特別仕様車を追加しました。
  • マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施マツダ、ロードスターに走る楽しさ高める商品改良を実施

追加機種

  • マツダ ロードスター RF VS Terracotta Selection
    滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザー内装のインテリアカラーに、鮮やかな新色「テラコッタ」を採用し、リラックスする大人の休日をイメージした新機種を追加しました。

動画コンテンツ

【KaruizawaMeeting2021】②齋藤主査インタビュー / マツダ公式

990Sは大人気!

東洋経済オンラインの次のような記事がありました。990Sが大人気であることに加えて、ロードスターユーザーに若者が増えているらしんです。マツダは、これからデータを集めて分析するとしていますが、ホンダによれば、これはZ世代の「本当に良いモノであれば、高くても買う」という傾向からくるものではないかとのことです(へぇ〜)。

12月(12月1~12日)の受注実績を見れば、ロードスター(RFを除く)の受注のうち38%が990Sなのだそうだ。990Sのベースとなった「S」グレードの通常の販売構成比は、モデル全体の4%にすぎない。それが10倍近くにもなっているのだから、驚きだ。

コロナ禍で「ロードスター」が若者に売れる訳 | スポーツカー | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース