J.D. Power、2021年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査を発表。CX-5が高評価

J.D. Powerは、2021年米国自動車商品魅力度(APEAL)の調査結果を発表しています。マツダのスコアは前年とほぼ変わらず、セグメント別でCX-5が高評価を得ています。

引用している日本語は、英語を機械翻訳したものです。

J.D. Power、2021年米国自動車商品魅力度調査を発表

米国自動車商品魅力度(APEAL)調査

所有権の90日後に彼らの新しい車両と彼らの経験の新しい車両所有者の評価を調べます。調査データは、設計、パフォーマンス、安全性、使いやすさ、快適さ、知覚される品質、およびその他の要因に関する経験に関する洞察を提供します。

本調査は、90日間の所有後に調査された新しい2021年モデルの車両の110,827人の所有者からの回答に基づいています。この研究は2021年2月から7月まで実施されました。

APEALは、10の経験グループの40を超える車両属性に基づいています。

  1. あなたの車まで歩いて
  2. 車両のセットアップと始動
  3. 車両の乗り降り
  4. あなたの車のインテリア
  5. あなたの車のパワートレイン
  6. あなたの車の運転感
  7. あなたを安全に保つあなたの車
  8. インフォテインメントシステムの使用
  9. あなたの車の運転の快適さ
  10. 燃料使用量

この調査によるメリットとは

自動車の設計、内容、知覚される品質、性能、目的への適合性に関する新しい所有者の経験についての洞察を得ることができます。これは、自動車メーカーとサプライヤーが以下を理解するのに役立ちます。

  • 新車の買い物客を興奮させ、喜ばせる車の特徴と特徴はどれですか?
  • 主要な競合他社に対する自動車メーカーのモデルの体系的な長所/短所は何ですか?
  • マーケティングメッセージはどの車両特性に焦点を当てるべきですか?
  • 新しい車両は、ターゲットや主要な競合他社に対してどの程度のパフォーマンスを発揮しますか?何のために学ぶことができるか
  • 将来の発売?
  • 将来のモデル開発のために、製品の優先順位をどこに置くべきですか?

2021年の主要な調査結果

  • マスマーケットのブランドは感情的な魅力を増している
    プレミアムブランドはマスマーケットのブランドを上回り続けていますが、ギャップは狭まり続けています。プレミアムブランドの平均APEALスコアは864であるのに対し、マスマーケットブランドの平均スコアは845です。今年のスコアの19ポイントのギャップは、1年前の23ポイントのギャップから減少しています。
  • 高品質と高魅力
    2021年のAPEALとIQSの研究の分析によると、7つのモデルが最高レベルの感情的な魅力と初期の製品品質の両方を提供します。APEALセグメント賞と2021 IQSの賞の両方を受賞したモデルは、BMW X4、BMW X6、BMW X7、キャデラックCT5、シボレーコルベット、ジェネシスG80、キア テルライド、日産マキシマです。マキシマはまた、両方の研究で最高スコアのモデルであり、目覚ましい成果であり、マスマーケットモデルとしては初めてです。

ランキング

プレミアムブランド

J.D. Power、2021年米国自動車商品魅力度調査を発表

マスマーケットブランド

J.D. Power、2021年米国自動車商品魅力度調査を発表

セグメント別ランキング

コンパクトSUVセグメントで、マツダCX-5が第3位の評価となっています。高評価ゆえ販売台数も多いということなのでしょうか。マツダ車としてはCX-5のみがピックアップされています。気が早いですが、ここにCX-50が登場しないと「何かが違った」ことになってしまうと思います。

乗用車セグメント

SUVセグメント


2021 U.S. Automotive Performance, Execution and Layout (APEAL) Study | J.D. Power


昨年と評価基準が同じだとすると、スコアが844→847と僅かしか増えていません。小幅な年次改良ではスコアの大幅な向上は望めないのでしょうか。また、昨年は評価の高かったCX-30が上位3台から漏れています。評価の詳細は分からないですが、他車に見劣りしてしまった部分は、間を置かずに改善してほしいですね。