[商標]マツダ、「Kinematic Posture Control」を商標出願(更新)

マツダは、2021年10月27日付けで、「Kinematic Posture Control」を商標出願しています。

マツダ株式会社商標出願

マツダ、「Kinematic Posture Control」を商標出願

商願2021-133551 Kinematic Posture Control

マツダ、「Kinematic Posture Control」を商標出願

  • 出願日:2021年10月27日
  • 商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務:第12類(乗物)
  • 商品役務:牽引車、荷役用索道、陸上の乗物用の動力機械器具(その部品を除く。)、陸上の乗物用の機械要素、軸(陸上の乗物用の機械要素)、軸受(陸上の乗物用の機械要素)、軸継ぎ手(陸上の乗物用の機械要素)、動力伝導装置(陸上の乗物用の機械要素)、緩衝器(陸上の乗物用の機械要素)、ばね(陸上の乗物用の機械要素)、制動装置(陸上の乗物用の機械要素)、落下傘、乗物用盗難警報器、車椅子、陸上の乗物用の交流電動機又は直流電動機(その部品を除く。)、船舶並びにその部品及び附属品、航空機並びにその部品及び附属品、鉄道車両並びにその部品及び附属品、自動車並びにその部品及び附属品、二輪自動車・自転車並びにそれらの部品及び附属品、人力車、そり、手押し車、荷車、馬車、リヤカー、タイヤ又はチューブの修繕用ゴムはり付け片、乳母車


商標ウォッチ


商品役務を見ると、トレーラーに関係があるのかな?とも思ったのですが、トレーラーの制御には「トレーラー・スタビリティ・アシスト(TSA)」があるから、そういったことではないのかな?? 運動学的姿勢制御とは、これ如何に?


更新:そうですね、これですね!

今回は「車両姿勢安定化制御(KPC)」という世界初となる技術を搭載していることも公表。具体的にはコーナリング中に0.3GぐらいのGがかかると、リアの内輪のブレーキを少しだけ効かせる仕組みで、ロードスターのリアサスペンションは、アンチジオメトリーサスペンションという構造のため、減速Gがかかるとサスペンションがボディを引き下げる動きをするといい、それにより接地感が増し、姿勢を安定させてくれるという。

マツダ、最軽量ロードスター「990S」に搭載された新技術「車両姿勢安定化制御」とは? 斎藤開発主査が解説 – Car Watch

フォローしませんか?