マツダ、11月もタイとメキシコの各工場を半導体不足により一時休止

マツダ、11月も海外の2工場を半導体不足で一時休止

マツダは、11月も半導体不足によりタイとメキシコの各工場で4日から5日間の生産調整(操業休止)を実施するとのことです。

マツダ、11月も海外の2工場を半導体不足で一時休止

マツダは半導体不足などの影響で11月にタイ工場の稼働を約5日間、メキシコ工場を約4日間止めると明らかにした。東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴い、部品調達が難しくなることも響く。具体的な操業停止日や減産台数は非開示としている。

マツダ、タイとメキシコ工場を一時停止 半導体不足で: 日本経済新聞

納期が1年待ちのモデルを抱えるメーカーも

別記事では、ホンダの新型ヴェゼルは納期が1年になるモデルもあるとか。他のメーカーでも6か月くらい待たされるケースもあるんですね。すでに注文している人もこれから注文する人も気が気でないですね。

車検切れ間際になっている人に車検費用を全額負担するマツダ販売店まであるとは…。

西日本のあるマツダ販売店は、新車が届く前に車検切れになりそうな顧客に車検費用をほぼ全額負担する取り組みを始めた。

新車不足、遅れる納期 減産で人気車は半年待ちも: 日本経済新聞

マツダもお届け遅延のお詫びとお知らせを載せていますが、具体的な日数は販売店で質問するのが良さそうです。

マツダは、9月も半導体不足によりタイとメキシコの各工場で7日から8日間の生産調整(操業休止)を実施するとのことです。