マツダ、2021年6月生産分までのMX-30 EVモデルにV2L機能プログラムを提供

21年6月生産分までのMX-30 EVにV2L機能プログラムを提供

マツダは、2021年6月生産分までのMX-30 EVモデルに可搬型給電器への対応機能(V2L機能)プログラムを提供するとしています。

マツダ、2021年6月生産分までのMX-30 EVモデルにV2L機能プログラムを提供

マツダは、MX-30 EVモデルの給電機能について、FAQで次のように示していました。

Q:MX-30 EV MODELはV2L/V2H(※)に対応しているか教えて欲しい。(※)V2L=Vehicle to Load:車から家電機器等に電力を供給。V2H=Vehicle to Home:車から施設等に電力を供給。

A:2021年7月生産分よりV2L(Viecle to Load) 給電するシステムに対応しております。
また、既販車につきましては、できるだけ早い段階でご提供できるように検討を進めております。

※V2Lとしての給電を機能させるためには「可搬型給電器」が別途必要です。

MX-30 EV MODELはV2L/V2H(※)に対応しているか教えて欲しい。(※)V2L=Veh | 【MAZDA】よくあるお問合せFAQ

今回、MX-30 EVモデルの商品ページにて、次のようにV2L機能プログラムの提供について案内しています。

21年6月生産分までのMX-30 EVにV2L機能プログラムを提供

これで、前回の疑問が解けました。

オーダースケジュール

ちなみに、同じページにMX-30 EVモデルのオーダースケジュールを掲載しています。これを見ると最低でも1か月以上は待たされるということですかね。