[特許]マツダ、ホースに弛みが生じるのを抑制できるワイパーアームの特許を取得

マツダ、ホースに弛みが生じるのを効果的に抑制することができるワイパアームの特許を取得しています。

特許6936753 ワイパアーム

車体に設けられたピボット軸が挿入される締結穴を有する締結部と、前記締結部を有するアームヘッドと、前記アームヘッドに接続されたシャンクと、基端部が前記シャンクに固定され、先端部に払拭面を払拭するワイパブレードが連結されるアームピースと、前記アームピースに装着され、前記払拭面にウォッシャ液を噴射するウォッシャノズルと、前記ウォッシャノズルに接続され、前記ウォッシャノズルにウォッシャ液を供給するホースと、を備えたワイパアームであって、前記ホースは、前記アームヘッドに沿って配置される第1ホースと、前記車体内に配置される第2ホースと、に分割され、前記第1ホースおよび前記第2ホースは、内部に流路が形成されたジョイント部材を介して、前記ウォッシャ液が互いに流通可能に連結され、前記アームヘッドは、前記締結部側に開口する開口部を有し、前記ジョイント部材は、前記ジョイント部材の前記第2ホースとの接続部が前記開口部を貫くように、前記アームヘッドに装着されていることを特徴とするワイパアーム。

従来のワイパアームでは、車体側ホースをピボット軸の周囲に引き回している。このため、アームヘッドの回動に伴って、ピボット軸に車体側ホースを引き回す長さが変化することで、車体側ホースが引き延ばされ、車体側ホースに弛みが生じやすいという問題があった。

本発明は、前述した事情に鑑みてなされたものであって、ホースに弛みが生じるのを効果的に抑制することができるワイパアームを提供することを目的とする。

マツダ、ホースに弛みが生じるのを抑制できるワイパーアームの特許取得

マツダ、ホースに弛みが生じるのを抑制できるワイパーアームの特許取得

特許6936753 | 知財ポータル「IP Force」(ワイパアーム)


ウェットアーム式ワイパーは、コスト削減の波に飲まれて減っていった過去があるのですが、コストよりも視界を遮らないなどのメリットをとっての採用とは、第7世代のマツダの方針が透けて見えますね。

フォローしませんか?