マツダ、中国でもロータリーエンジンに関する商標などを出願

マツダは、中国で「e-SKYACTIV R–EV」などロータリーエンジンに関するを商標などを出願しています。

マツダ、中国での商標登録状況

ロータリーエンジンに関する商標出願から間もないため、詳細は確認できません。

e-SKYACTIV R–EV

  • 申请日期:2021年08月06日
  • 国际分类:9、12

e-SKYACTIV R-HEV

  • 申请日期:2021年08月06日
  • 国际分类:9、12


※ 「e-SKYACTIV R-Energy」は出願されていません。
※ この他に図形が出願されていますが、こちらも出願から間もないため、詳細は確認できません。

图形

  • 申请日期:2021年06月22日
  • 国际分类:9、12、16、10、14、18、28、25、21、27
  • 商标详情

マツダ、中国でもロータリーエンジンに関する商標など出願

MAZDA SPIRIT RACING

  • 申请日期:2021年06月22日
  • 国际分类:18、15、9、14、12、28、21、16、27、10
  • 商标详情

マツダ、中国でもロータリーエンジンに関する商標など出願


商标检索结果


他にEU、US、オーストラリアを確認してみましたが、ロータリーエンジンに関する商標の出願を確認できませんでした。

マツダは、中国で「SOUL OF MOTION」や「MAZDA SPIRIT」を商標出願しています。中国でも「MAZDA SPIRIT」なんですね。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    今、国内の車両総台数は8000万台あると言われています。仮に2030年から全メーカーがEVしか生産しないとしても、年間新車販売台数を500万台としても最短で全部がEVで埋め尽くされるのに13年かかり、2045年くらいまでは内燃機関車両が残るわけで、日本の電力事情を考えると、やはりEVオンリーとまでにはならないのかなと思います。

  2. ヒーユンジ より:

    13年ではなく、16年でした。すみません!