[特許]マツダ、ターボエンジンの吸気装置に関する特許を出願

マツダは、ターボエンジンのインタークーラーを備えるエンジンの吸気装置に関する特許を出願しています。

特開2021-113529 エンジンの吸気装置

【課題】インタークーラーコアでの吸気の分散性を高め、インタークーラーの吸気冷却性能を向上させる。

【解決手段】エンジンの吸気装置は、インタークーラー23と、インタークーラー23のチャンバ51よりも上流に位置する上流側吸気通路22及び下流に位置する下流側吸気通路24を含む吸気通路20とを備える。チャンバ51の下流側壁514は、その下端付近に、インタークーラーコア52を通過した吸気を下流側吸気通路24へ送り出す吸気送出開口54を備える。チャンバ51の上流側壁511は、吸気導入部22Aと高さ方向に重複する領域において上下方向に延在し、上流室51Aの空間に突出する偏流部60と、吸気導入部22Aに対して偏流部60よりも遠い位置においてインタークーラーコア52の上流側面52Aに向けて突設され、上流室51Aの空間を狭くする流量調整部70と、を備える。

本発明の目的は、インタークーラーコアでの吸気の分散性を高め、インタークーラーの吸気冷却性能を向上させたエンジンの吸気装置を提供することにある。

マツダ、ターボエンジンの吸気装置に関する特許を出願

特開2021-113529 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンの吸気装置)

関連特許
  • 特開2021-113530 エンジンの吸気装置
    本発明の目的は、吸気通路内で生じる凝縮水を過度にエンジン本体へ向かわせないようにすることができるエンジンの吸気装置を提供することにある。
  • 特開2021-113531 エンジンの吸気装置
    本発明の目的は、インタークーラーコアでの吸気の分散性を高め、インタークーラーの吸気冷却性能を向上させたエンジンの吸気装置を提供することにある。


実施形態としての説明には、

図1に示されるエンジンシステムSは、走行用の動力源として車両に搭載される、4サイクル多気筒のターボ付ガソリンエンジンである。エンジンの駆動方式はFF又はFRとすることができる。

とあります。示されているエンジンは、横置きなので今後の縦置き+FRには適さないように見えるのですが、縦置きでもいける吸気装置のレイアウトなのでしょうか。少し疑問に思ったので取り上げました。

フォローしませんか?