マツダ北米専用クロスオーバーSUVは今年後半に発表予定

マツダ北米専用クロスオーバーSUVは今年後半に発表予定

アメリカのメディアによると、マツダが米国合弁新会社で生産する北米専用クロスオーバーSUVは今年後半に発表予定とのことです。

マツダ北米専用クロスオーバーSUVは今年後半に発表予定

A Mazda vehicle to be manufactured at the Huntsville plant will be announced later this year, with the plant reaching 4,000 employees once production is in full operation next year, the company announced today.

(ハンツビル工場で生産されるマツダ車は今年後半に発表され、来年の生産が本格化すると、工場の従業員数は4,000人に達すると同社は本日発表した。)

$40 million auto steel plant planned for Madison – al.com

合わせて、Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.(MTMUS)に鉄鋼部品を供給するMadison Metal Processing(MMP)が2022年半ばにフル生産にはいるとも報じられています。

MTMUS(Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A)は、新型コロナウイルスの影響により新工場の生産開始を2021年後半に延期すると発表しています。

フォローしませんか?

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

     欧州や米国では将来的に内燃機関を動力とする車両の生産・販売が出来なくなるのが確実になった今日ですが、販売が出来なくなるのが確実になった今日ですが、そんな中CXーXをはじめ、2022年から新型車ラッシュとなるマツダにとっては、同時に更なる試練の幕開けにもなる、何ともやるせない気持ちでいっぱいです。おそらくは、内燃機関を動力とする車両の生産が第七世代で終える可能性もあり、輸出の比率が大きいマツダが今後どう対応してゆくのか、心配でなりません!