2021年7月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング

2021年7月マツダ車新車乗用車販売台数ランキング

2021年7月のマツダブランドとしては、前年比89.1%と不調でした。半導体不足に起因する操業休止の影響が出ているかもしれません。

2021年7月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

先月とは異なり小型乗用車は前年比99.8%でしたが、普通車が同85.8%と落ち込んでいます。マツダは3ナンバー車種が多いですからね。メーカーとしては、売りたいの造れなくてきっと歯がゆい思いでしょう。

MX-30 EVモデルを( )で記載しています。マツダの発表台数と異なる場合があります。
2021年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
MX-30
〈1,000台〉
1月1,3042232,0371,7732,5846551,984833(95)
2月2,5612622,5891,7192,0171,0062,676691(27)
3月4,0734124,8453,1223,8951,7224,457853(8)
4月1,2031459835359234951,427267(6)
5月1,0551198309678663291,344208(9)
6月7671911,1761,1211,376495898232(8)
7月1,0311,4791,2641,2182,124
8月
9月
10月
11月
12月
7月CX-8Mazda6CX-5Mazda3CX-30CX-3Mazda2MX-30
合計11,9941,35213,93910,50112,8794,70214,9103,084(153)
平均1,7132251,9911,5001,8407842,130514(26)

2021年7月は、Mazda2とCX-5のみが30位圏内でした。CX-5とCX-30、Mazda3の販売台数が拮抗しています。ずば抜けて売れる車が無いのは、マツダにとっては良いことのようにも思えるのですが、市場で注目を浴びる機会が増えるのには、やっぱりよく売れているという事実が効いてくると思います。

燃料別販売台数

「燃料別販売台数」を統計が発表されるのに合わせて、ランキングと一緒に追っかけていきます。注目点は、ディーゼルとHEVの動向です。おまけでEVって感じです。先月から電気自動車の略をEVに統一して、HEVなどと表記します。

先月よりもディーゼルとHEVが減り、ガソリンが増えています。英国仕様のMazda2のエンジンは高圧縮化した上でハイブリッド化もしているのに、国内では高圧縮化だけですもんね。なぜ、こうもハイブリッド化を先延ばしにしているのでしょうね。もし、価格上昇による販売台数減少を気にしているのなら、価格が上がる事なんてマツダが望んでいる事ではないですか?(皮肉気味に)


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

マツダは、事前の告知通りに2021年7月5日から防府第1工場の生産調整(操業休止)を始めています。第1段は2021年7月9日までです。