北米マツダ、2021年7月のセールスレポートを発表。CX-30などで7月のベストセールス

北米マツダ、2021年7月のセールスレポートを発表

北米マツダが、2021年7月のセールスレポートを発表しています。2020年7月と比較して35.9%増加し、7月としては2番目に良い32,739台を販売しています。

2021年7月の北米マツダ販売実績、CX-30などで7月のベストセールス

2021年7月は、前年同月比35.9%増の32,739台を販売しています。2021年7月までの累計では前年比45.1%増の221,906台でした。

7月のトピックは、

  • CX-30は、7月としては史上最高で、5,598台を販売
  • CX-5は、7月のベストセールスで、16,299台を販売
  • CX-9も、7月のベストセールスで、3,264台を販売
  • MX-5は、2006年以来の7月のベストセールスで、1,226台を販売
  • Mazda3、Mazda6は前年同期比21.5〜48.3%増となる3.927台、1,778台をそれぞれ販売

CX-3を除くCXシリーズが、軒並み7月としてのベストセールスを記録するなど、引き続き好調なアメリカ市場です。CX-30は、前年同期比65.2%増ですから、コロナ禍による反動以上に売れているみたいなので、人気に「火が点いた」ということなら今後の販売台数にも期待ができそうです。

メキシコのセールス

メキシコでは、前年同月比56.5%増となる3,950台を販売しています。2021年累積では前年同期比19.0%増の28,352台でした。


Mazda Reports July 2021 Sales Results | Inside Mazda