マツダ、防府第1工場の生産を2021年7月21日から再開

マツダは、半導体不足の影響により生産調整を行っていた防府第1工場の生産を2021年7月21日から再開したとのことです。

防府第1工場の生産を2021年7月21日から再開

マツダは21日、半導体不足に伴い5日から休止していた防府第1工場(防府市)の操業を再開する。当初は19日の予定だったが、大雨だった8、9日に国内操業を休んだ影響で、再開日を2日遅らせた。

マツダ、防府第1工場を21日再開 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

中国新聞の記事によると、当初は7月19日に再開する予定だったが、7月8日と9日に大雨の影響で操業を休んだ分を追加した形で再開を2日遅らせたそうです。

7月21日からは国内の全工場が稼働するそうですが、残業の取りやめや生産順序の入れ替えなどの生産調整はこれからも続くそうです。

マツダは、事前の告知通りに2021年7月5日から防府第1工場の生産調整(操業休止)を始めています。第1段は2021年7月9日までです。