マツダ「ロータリーレンジエクステンダーの導入タイミングは未定」

海外メディアによると、マツダは、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして使用することを検討しているが、導入タイミングは未定と話しているとのことです。

ロータリーレンジエクステンダーの導入タイミングは未定

Automotive Newsのこの記事「Mazda’s rotary range extender on hold says Sakada」からの発信です。ただ、有料購読しないと読めないので、引用している記事を読むと…。

マツダのスポークスマンが次のように述べたとしています。

“We are still considering using rotary engine as a range extender, but the timing of its introduction is undecided,” spokesman Masahiro Sakata said.

(「レンジエクステンダーとしてロータリーエンジンを使用することはまだ検討中ですが、導入のタイミングは未定です」とスポークスマンのサカタマサヒロ氏は語った。)

記事では、「still considering」や「undecided」と表現されているので、「導入を止めた」とまでは言っていないということですね。記事のタイトルは「on hold(保留)」ですしね。

ただ、これを受けて、記事では、ロータリーエンジンを使った電動化技術で先に採用されるのは、シリーズハイブリッドやPHEVだとしています。


このマツダのスポークスマンの発言がどのタイミングでのものかが明確ではなく、「マツダはコメントを控えた」とも書かれているので、全体的にしっくりきませんし、日経や日刊自動車の記事も取り上げてあるので…それでも、ロータリーレンジエクステンダーに関する雲行きは怪しくなっているようです。

マツダは、ロータリーエンジンを電気自動車の航続距離を伸ばす目的で使用することを止め、PHEVやHEVの開発に注力する方針であると報じられています。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ベストカー8・10号では、”来年春、ロータリーエンジンは復活する。MXー30のハイブリッド(HEV)とプラグインハイブリッド(PHVE)のエンジンとして使われるのだ。・・・ロータリーエンジンのレンジエクステンダーEVは少し遅れているようだが、それも開発は進んでいる。”と!ん〜っ、よくはわかりません。が、とにかく待ちましょう。