マツダ、2020年度における電動化車の販売比率は10%弱

マツダ、2020年度における電動化車の販売比率は10%弱

中国新聞によると、マツダは、電気自動車やマイルドハイブリッド車などの電動化車の2020年度の販売比率が、全体の10%弱だったと明らかにしています。

2020年度における電動化車の販売比率は10%弱

マツダは20日、電気自動車(EV)や簡易型ハイブリッド車など電動化した車の販売台数が、2020年度は全体の1割弱だったと明らかにした。丸本明社長がオンライン取材に応じた。電動化比率を上げる方針や、EVの生産台数を30年に「4分の1」とする目標に向け品ぞろえを強化する考えを示した。

電動車販売は1割弱 マツダ・丸本社長がオンライン会見、拡充へ品ぞろえ強化 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

この他、丸本社長の興味深い話がありました。

丸本社長は「22年度から増えていく。30年に向け、どの技術を入れていくか考えどころだ」と述べ、本格的に高まるのは22年度以降とした。同年度以降、車体の大きなプラグインハイブリッド車などが発売される見通し。

ラージ商品群は、グレードに占める電動化車の割合が高そうですね。e-SKY Xに加えてe-SKY Dの登場も予想されますし、PHEVは出すと明言していますしね。

また、『米アップルのEV生産計画については、マツダへの打診は「ない」と明言した。』そうですよ(笑)。

マツダは、これまで5%程度としていた2030年時点での電気自動車(EV)の生産比率を25%程度に引き上げると丸本明社長が明らかにしています。